ファインズ ブログ

ファインズ トップファインズ ブログ > 初夏の清々しいシャブリを訪問! ウィリアムフェーブルが実践する丁寧な畑仕事の一部をご紹介。

2018年6月21日(木)

初夏の清々しいシャブリを訪問! ウィリアムフェーブルが実践する丁寧な畑仕事の一部をご紹介。

現地情報

6月上旬は好天が続き、開花も終わった今の段階では収量も期待できコートドールと同様、早熟な年で9月上旬には収穫を予定しています。

醸造責任者ディディエセギエ氏

この時期の畑作業の一つ、醸造責任者ディディエセギエ氏の案内で鋤き入れの作業を行いました。
トラクターで除草剤を撒かずに環境を考えた取組みの一つで、6-8月に行うこの作業のためだけに7-8名雇っています。
ブドウの畝の間に咲く見た目は可愛い花ですが、伸びてブドウの樹に絡んでしまいます。
重い鍬を持ち深く張った根と格闘するのはかなりの重労働です。
  • 雑草

  • 除草剤を撒くトラクター

実はシャブリ400軒の生産者のうち選果台まで導入するドメーヌはフェーブル含めたったの10軒程度!
20年前、ディディエセギエ氏が就任した当時はフェーブルのみの導入で、生産量を求められる産地では周囲からの理解を得られませんでした。
テロワールを忠実に表現するために畑仕事から徹底した良質なブドウを使用するこだわり、こういった一つ一つの生産者の取り組みがワインの味わいをつくっています。

選果台

出来上がったワインは、2017年は2014年に近いクラシックな年。酸も豊富でミネラルを感じる味わいが強く長熟向き。
2016年は生産量が1/3の畑もありましたが、味わいは2015年の熟度の高さと2017年のフレッシュさをあわせたバランスのいいキャラクター。

2016年は好評発売中!ぜひテロワールの違いをお楽しみください。