ワイナリー・ワイン検索

  •  
  • ワイナリー・ワイン検索
  •  
  • ワイナリー情報
  •  
  • ワイン検索
  •  
  •  
  • フランス
  • イタリア
  • ヨーロッパ
  • ニューワールド
ロス ヴァスコス

チリの伝統とフランスの名門コラボレーション

チリ/コルチャグア

ワイナリーの歴史

ロス ヴァスコスはチリに移住したスペイン人により1750年創業されました。シャトー ラフィット ロートシルトを擁するドメーヌ バロン ド ロートシルト(DBR)はチリでワインを造ることを決め、銘醸地や生産者の調査を行っていました。その中で選ばれたのが、このロス ヴァスコスです。1983年からラフィットのテクニカルディレクターを派遣し、植え替えや水源の確保、畑の区画毎のミクロクリマの把握などを行い、1988年から経営を開始。2000年にはラフィットのディレクターであるクリスチャン ル ソメール氏を派遣するなど、ラフィットの知識と技術を注いできました。現在は、ラフィットの醸造責任者であるシャルル シュヴァリエ氏の右腕を務めていたエリック コレール氏が栽培・醸造の責任者を務めています。

栽培

太平洋から約40kmの場所に位置し、海から吹き込む風の影響で昼夜の気温は冷涼に保たれます。所有面積は3,600ha、その内作付け面積は580haとコルチャグア ヴァレー中部で最大のブドウ畑です。
広大な土地ですが、殺虫剤や除草剤などの化学物質に頼らない方法(キャノピーマネジメントなど)を採用し、グリーンハーヴェストによる収量制限、樹齢による区画の管理を行い、収穫は手摘みと手間隙をかけて行っています。

醸造

手摘みされたブドウはその後入念に選果され、シャルドネとソーヴィニヨン ブランは若々しさを保つためにステンレスタンクで低温発酵で造られた後すぐに瓶詰めされます。赤は区画毎にステンレスタンクにて発酵後、グランド レゼルブとル ディス ド ロス ヴァスコスは12〜16ヶ月樽で熟成させます。樽の一部はボルドーにあるDBRの樽工房で作られたものを使用しています。

アンリ・F・ロック氏(右)と パリ出身のヤニック氏

  • Chardonnay
    【シャルドネ】
  • AOC : チリ
  • 品種 : シャルドネ
  • 自社畑の冷涼な区画と、カサブランカ ヴァレーなどのチリを代表するシャルドネ産地の契約農家のブドウを使い、ステンレスタンクで発酵させます。グレープフルーツやトロピカルフルーツなどの果実の豊かな香りに溢れる瑞々しいワインです。10〜12℃に冷やしてお楽しみください。
  • Sauvignon Blanc
    【 ソーヴィニヨン ブラン 】
  • AOC : コルチャグア ヴァレー
  • 品種 : ソーヴィニヨン ブラン
  • カサブランカ、クリコなど、チリでも屈指の白ブドウ名産地で長期契約を結んでいる優良生産者のブドウを使用。ステンレスタンクで発酵させます。品種特有のハーブなどの香りとパイナップルやライム、青リンゴなどの果実の香りが心地良いハーモニーを生み出します。豊かなミネラル感と程よいボリュームのあるワインです。10〜12℃に冷やしてお楽しみください。
  • Rose
    【 ロゼ 】
  • AOC : コルチャグア ヴァレー
  • 品種 : カベルネ ソーヴィニヨン、シラー、マルベック
  • ロゼに適したブドウを手作業で選んで収穫し、それぞれの品種のアロマと爽やかさを引き出すため、丁寧な醸造を行っています。鮮やかなロゼ色、チェリーやラズベリーを思わせるアロマ、活き活きとした味わいと凝縮感のあるフィニッシュが特徴のワインです。
  • Cabernet Sauvignon
    【 カベルネ ソーヴィニヨン 】
  • AOC : コルチャグア ヴァレー
  • 品種 : カベルネ ソーヴィニヨン
  • ステンレスタンクで発酵・熟成。イチゴやチェリーなどの果実の香りの中に、黒コショウやナツメグのスパイシーさを感じます。口当たりは滑らかで丸みがあり、タンニンも心地良く、チリワイン独特の月桂樹やユーカリを感じさせるフィニッシュを楽しめます。
  • Carmenere Grande Reserve
    【カルメネール グラン レゼルブ】
  • AOC : コルチャグア ヴァレー
  • 品種 : カルメネール
  • ロス ヴァスコスの自社畑から取れるカルメネールのブドウを100%使用し12ヶ月フレンチークで熟成(20%新樽)。ラフィットグループがチリで挑戦したカルメネールのポテンシャルが感じられる1本です。
  • Grande Reserve
    【 グランド レゼルブ 】
  • AOC : コルチャグア ヴァレー
  • 品種 : カベルネ ソーヴィニヨン、カルメネーラ、シラー、マルベック
  • 樹齢の高い「エル フライレ」畑のブドウを中心に造られます。フレンチオーク(新樽比率30%)で12ヶ月間熟成。チェリーやプラム、トリュフやブラックペッパー、ローリエなど複雑なアロマが漂います。ボリュームがありエレガントで上質な骨格を持つワインです。
  • Le Dix de Los Vascos
    【 ル ディス ド ロス ヴァスコス 】
  • AOC : コルチャグア ヴァレー
  • 品種 : カベルネ ソーヴィニヨン、カルメネール、シラー
  • ドメーヌ バロン ド ロートシルトがチリにおける醸造開始10年を記念して造り始められたワインで、ファーストヴィンテージは1999年。エル フライレ畑の樹齢70年以上のブドウを厳選し、良年のみ生産されます。100%新樽のフレンチオーク樽で熟成。カシスやブルーベリー、ブラックベリー、ビターチョコレート、リコリス、ブラックペッパーなど、豊かなアロマを持ちます。しなやかで力強いタンニン、果実の凝縮感、長い余韻と上質な味わいです。長期熟成も可能です。