ワイナリー・ワイン検索

ファインズ トップワイナリー・ワイン検索ワイナリー情報フランス > ボルドー「シャトー デュアール ミロン」
  •  
  • ワイナリー・ワイン検索
  •  
  • ワイナリー情報
  •  
  • ワイン検索
  •  
  •  
  • フランス
  • イタリア
  • ヨーロッパ
  • ニューワールド
シャトー デュアール ミロン

ポーイヤックをありのまま表現する正統派ワイン

フランス/ボルドー

シャトーの歴史

18世紀からこのシャトーがある土地ではブドウ栽培が行われていました。1830年代にカスティジャ家がデュアール未亡人から14haの畑を受け継ぎ、合計40haのブドウ畑をデュアール ミロンと名付けました。このワインのエチケットには、1950年代までポーイヤックの港にあったサー デュアールが住んでいた家が描かれています。1855年にデュアール ミロンはメドック格付け4級に認定され、この頃デュアール ミロンはポーイヤック地区最大シャトーの1つでした。その後区分け変更や霜害などで衰退していきましたが、1962年にロートシルト家が購入し、ブドウの植え替えや排水設備の整備、区画の購入、醸造所と貯蔵庫を新設するなどし、高い品質のワインを生むシャトーに生まれ変わりました。

栽培

畑はシャトー ラフィット ロートシルトの西側、カリュアド台地の延長線上にあるミロンの丘に位置します。152ha所有し、土壌は細かい砂利まじりの風積土で、下層部は第三世紀の石灰質になります。カベルネ ソーヴィニヨンとメルロを栽培。伝統に則った栽培方法で収穫など様々な作業が手作業で行われています。

醸造

ラフィットに隣接しているため、ラフィットのエリック コレール氏をディレクターとし、醸造学者クリストフ コンジェ氏と栽培管理責任者レジス ポルフィレ氏と協力し、シャトーの運営が行われています。畑は区画に分けられ、区画毎に醸造が行われています。熟成は樽で行われますが、樽はドメーヌ内にある樽工房で造られたものを使用しています。熟成期間に定期的にデカンタージュされ、卵白で清澄処理が行われます。

  • Moulin de Duhart
    【 ムーラン ド デュアール 】
  • AOC : ポーイヤック
  • 品種 : カベルネ ソーヴィニヨン、メルロ
  • 1986年から生産が開始されたセカンドワイン。隣接するカリュアドの丘にあった風車(Moulin)に由来して名付けられました。熟成に新樽は使用せず、10〜20ヶ月程度オーク樽、ヴィンテージによってはステンレスタンクで熟成させます。ヴィンテージにもよりますが、カベルネ ソーヴィニヨンとメルロが半々位の割合でブレンドされ、畑の中でも若い樹齢のブドウが使われているため、シャトーものよりも早いうちから楽しむことができます。
  • Chateau Duhart-Milon
    【 シャトー デュアール ミロン 】
  • AOC : ポーイヤック
  • 品種 : カベルネ ソーヴィニヨン、メルロ
  • カベルネ ソーヴィニヨンを主体とし、メルロをブレンド。熟成はオーク樽にて16〜20ヶ月程度、新樽を50%使用しています。熟した果実の香りがあり、しっかりしたボディ、複雑味、長い余韻とポーイヤックのお手本といえる味わいのワインです。