ワイナリー・ワイン検索

  •  
  • ワイナリー・ワイン検索
  •  
  • ワイナリー情報
  •  
  • ワイン検索
  •  
  •  
  • フランス
  • イタリア
  • ヨーロッパ
  • ニューワールド
ジッラルディ

ピエモンテでシラー種のワインを造る革新的なワイナリー

イタリア/ピエモンテ

ドメーヌの歴史

バローロの南側、ドルチェット ドリアーニDOCGの生産地域内、ファリリアーノにあるワイナリー。現当主の祖父で、フランスで生まれたジャコモ氏が、コート デュ ローヌでワイン造りを経験し、1928年に“コルサレット”、ランゲの方言では“クルサレット”と呼ばれる丘陵にあるブドウ畑で栽培を始めました。1980年に現当主で三代目のジャコリーノ氏が自社で瓶詰めを開始し、更に畑を購入し拡大しました。2000年代にはワインセラーを新設、2011年にバローロ地区に醸造施設を新たに設け、ワイン造りに真摯に向き合い、チャレンジをし続けています。

栽培・醸造

自社畑は、300〜480mの丘陵にあり、除草剤を使用せずブドウにとって良い環境を作り出しています。
ハリスは古い小樽で18ヶ月熟成(新樽を10〜15%使用の場合もあり)をしています。バローロに関しては、オーストリアの古い大樽(22hl)を使用し、42ヶ月熟成させます。

  • Maestra
    【 マエストラ 】
  • 格付け : ドルチェット ド ドリアーニ DOCG
  • 品種 : ドルチェット
  • 自社畑3.09haに広がるドルチェットを使用。ワインの名称は1970 年代初頭に、家族が所有していた畑に隣接する畑を売ってくれたルイジア マエストラ教授に由来します。彼女に敬意を表し、1982年にリリースされたワインを“マエストラ”と名付けました。果実や赤い花を思わせる香り、プラムなどの果実の凝縮感と程よい酸味、僅かに後味にほろ苦さを感じる味わいです。
  • Harys
    【 ハリス 】
  • 格付け : ランゲ ロッソ DOC
  • 品種 : シラー
  • 1989年に植えられたブドウ畑0.51haのシラーを100%使用。ローヌに良く似た地形、標高、気象条件を持つピエモンテの土地で造られるシラー種のワイン。フィネスとエレガンスを持ち、ジッラルディの名前をイタリア国内及び世界に知らしめたワインです。フレッシュなブラックベリーやブルーベリーなどの果実に、コーヒー、ヴァニラ、コショウなどのスパイスのニュアンス、複雑味があり余韻の長い味わいです。
  • Barolo
    【 バローロ 】
  • AOC : バローロ DOCG
  • 品種 : ネッビオーロ
  • 2つのブドウ畑の買いブドウから造られるワイン。1つ目は、バローロ村のVignane(ヴィニャーネ)の樹齢40年の畑。標高350メートル、南西向きの斜面で、カンヌビの正面に位置しています。2つ目は、ラモッラ村のBoiolo(ボイオーロ)の樹齢50年の畑。標高は550メートルの南東向きの斜面でブルナーテの上に位置しています。エレガントな果実のニュアンスと力強さを併せ持ち、複雑味もある味わいのバローロを実現しています。