ワイナリー・ワイン検索

ファインズ トップワイナリー・ワイン検索ワイナリー情報イタリア > 「ジュゼッペ クインタレッリ」
  •  
  • ワイナリー・ワイン検索
  •  
  • ワイナリー情報
  •  
  • ワイン検索
  •  
  •  
  • フランス
  • イタリア
  • ヨーロッパ
  • ニューワールド
ジュゼッペ クインタレッリ

伝統は時と共に生き続ける

イタリア/ヴェネト

ワイナリーの歴史

1924年に創業、ヴェローナ郊外の町ネグラールから260m程上ったヴァルポリチェッラ クラシコ地区の中心部に位置します。前当主は3代目の故ジュゼッペ クインタレッリ氏は、自らを"伝統主義者"と称し、伝統的なワイン造りを忠実に継承したワイン造りを行っていました。現在は、ジュゼッペ氏の長女の息子であるフランチェスコ氏が中心となり、長い伝統と経験から造り出される究極のワインを引き継がれ、栽培から醸造、ラベルを貼る作業まで多くのことが手作業で行われています。

栽培・醸造

急勾配の土地に約12haのブドウ畑が広がります。伝統に則り、収穫作業など多くのことが手作業で行われています。一部のワインに使われるブドウを除き、収穫されたブドウを竹製の棚にて陰干し、半乾燥させます。発酵は、この土地に自生する酵母で自然に発酵するのを待ち、人為的に発酵させることはありません。一部のワインにはバリックも極少量使用しますが、基本的には伝統的なスロヴェニア産の古大樽でゆっくり熟成させます。

  • Bianco Secco
    【 ビアンコ セッコ 】
  • AOC : ビアンコ セッコ ヴェネト IGT
  • 品種 : ガルガーネガ、トレッビアーノ、ソーヴィニヨン ブラン、シャルドネなど
  • ジュゼッペ クインタレッリ唯一の白ワイン。収穫と同時に24時間程度のマセラシオンを行い、天然酵母で自然に発酵させます。地下貯蔵庫に置かれたステンレスタンクで清澄作業を経て、冬の間寒冷な屋外に置かれ、翌春に瓶詰めを行います。瓶詰め前にアマービレ デル チェーレ(中甘口)を5〜10%ブレンドさせます。洋梨やパイナップルなどの果実の香りがある、ふくよかなボディを持つワインです。
  • Primofiore
    【 プリモフィオーレ 】
  • AOC : プリモフィオーレ ヴェネト IGT
  • 品種 : カベルネ・フラン、カベルネ・ソーヴィニヨン、コルヴィーナ、コルヴィノーネ
  • 収穫後1〜2ヶ月間陰干ししたブドウを天然酵母で自然に発酵させ、その後大樽で約12ヶ月間熟成させます。ドライフルーツやベリー系の香りが複雑に交じり合い、タンニンと酸のバランスが良く、ソフトな味わいをもちます。
  • Valpolicella Classico Superiore
    【 ヴァルポリチェッラ クラシコ スペリオーレ 】
  • AOC : ヴァルポリチェッラ クラシコ スペリオーレ DOC
  • 品種 : コルヴィーナ、コルヴィオーネ、ロンディネッラなど
  • 石灰質を多く含んだ泥灰土が主な土壌のブドウを手摘みで収穫し、約2ヶ月間陰干しした後、自然に天然酵母で自然に発酵させます。リパッソは翌年の4月に、アマローネの搾りかすを使用。大樽で6年熟成させ、フィルターを通さずに瓶詰めされます。カラメルやスパイスなどの複雑な香りを持ち、長い余韻が感じられます。
  • Amarone della Valpolicella Classico
    【 アマローネ デッラ ヴァルポリチェッラ クラシコ 】
  • AOC : アマローネ デッラ ヴァルポリチェッラ クラシコ DOC
  • 品種 : コルヴィーナ、コルヴィオーネ、ロンディネッラなど
  • 4〜5ヶ月間陰干しし、半乾燥させたブドウを天然酵母で自然に発酵させ、大樽で7年間熟成させます。アマローネはブドウの出来が良い年しか造りません。完全に発酵させ、糖分がすべてアルコールになったものがアマローネとなります。チェリーやアーモンド、ドライフルーツやジャムなど様々な香りが交じり合い、深みと長い余韻を持ちます。
  • Reciotto della Valpolicella Classico
    【 レチョート デッラ ヴァルポリチェッラ クラシコ 】
  • AOC : レチョート デッラ ヴァルポリチェッラ クラシコ DOC
  • 品種 : コルヴィーナ、コルヴィオーネ、ロンディネッラなど
  • アマローネと同様に、半乾燥させたブドウを天然酵母で自然発酵させ、大樽で約7年間熟成させます。レチョートとアマローネはほぼ同じ畑から造られますが、途中で発酵が終わり甘さが残ったものがレチョートとなります。高い凝縮感と複雑味のある、甘口ワインです。
*いずれのワインもより美味しく味わって頂くために、飲む前にデキャンティングして頂くか、前日に抜栓して頂くことをお勧めします。数日間に渡って、味わいの変化をお愉しみ頂けます。