ニュース・商品情報

ファインズ トップニュース・商品情報ニュース > 世界で輝く“ラフィット”イズム〜5本の矢が導く、上質なワイン〜
  • ニュース・新商品情報
  •  
  • 2015年
  •  
  • 2014年
  •  
  • 2013年
  •  
  • 2012年以前
  •  
  • 商品カタログ
  •  
  •  

ニュース

世界で輝く“ラフィット”イズム〜5本の矢が導く、上質なワイン〜

メドック格付け第一級「シャトー ラフィット ロートシルト」を所有するドメーヌ バロン ド ロートシルト社(以下DBR)は、フランスのボルドーのみならず、上質なワイン造りを行うことができる土地を探し、南仏ラングドッグ、南米のチリとアルゼンチンにワイナリーを所有しています。

ボルドーコレクション シャトー オーシエール ロス ヴァスコス カロ

DBRはその土地のテロワールやブドウ品種を活かしながらも、ラフィットのスタイルである“エレガントさ”を持つワイン造りを目指しています。

そのため、ラングドッグと海外ワイナリーは、以前シャトー ラフィット ロートシルトで醸造責任者のシャルル・シュヴァリエ氏の「右腕」として醸造技術を磨いてきたエリック・コレール氏がテクニカルディレクターを務め、技術や知識を現地で働く造り手たちに伝えています。

また、ポーイヤックにはラフィット専用の樽工場があり、ワインのスタイルに合ったオーベルニュ産のオークを厳選した樽を作っています。この樽はフランス国内だけではなく、海外のワイナリーでも使用しています。

DBRワイン、ここがポイント!

  • 1. ラフィットの「技術」と「知識」を共有
  • 2. その土地のテロワールとブドウ品種の特徴に、ラフィットのエレガンスがプラス
  • 3. ラフィット“イズム”を持ちながら、手頃な価格からの品揃え
Bordeaux Collection
−ボルドー コレクション−

オーナーのエリック男爵が友人たちから頼まれ、よりデイリーに楽しむことができるボルドーワインとして造ったのがこのボルドーコレクションです。ボルドー ブラン、ルージュ、メドック、ポーイヤックの4アペラシオンが造られています。

醸造責任者のディアヌ・フラマン女史を中心にDBRの醸造チームがラフィットのエレガンスを表現したワインを造り出しています。

ボルドーコレクションの詳しい情報はこちら

ディアヌ・フラマン女史
*醸造責任者の
ディアヌ・フラマン女史

プライベート リザーブ ボルドー ルージュ

「男爵のお気に入りワイン」という名がつけられたこのワインは、アントル・ドゥ・メール、コート・ド・ボルドー、コート・ド・ブライの厳選したブドウから造られています。
ベリー系果実やスパイスを思わせる華やかなアロマがあり、溶け込んだタンニンが心地よい口当たりです。

品種:メルロ、カベルネ ソーヴィニヨン

ポーイヤック レゼルブ スペシアル

シャトー ラフィット ロートシルトとシャトー デュアール ミロンのブドウも使われている、まさにラフィットのボルドースタイルが表現されているワイン!
骨格があり、溶け込んだタンニン、長い余韻と納得の1本です。

品種:カベルネ ソーヴィニヨン、メルロ

Chateau d'Aussieres
−シャトー オーシエール−

1999年にDBRが取得。この地方出身のエリック・コレール氏が栽培・醸造責任者として、畑と醸造所の大規模な改修を行い、2005年からリリースしました。3分2はAOCコルビエールの品種を、残りはボルドー品種を伝統的なコルビエールの垣根仕立てで育てています。

醸造においてはラングドッグとボルドーの技術をうまく組み合わせ、上位キュヴェにはポーイヤックのラフィットの樽工場で造られたオーク樽を使用しています。

ラングドッグワインでありながら、ボルドーのようなエレガントでスマートさを感じるワイン。ブドウの樹齢の高まりと共に、これからますます楽しみなシャトーです。

シャトー オーシエールの詳しい情報はこちら

エリック・クレール氏
*現在はテクニカルディレクターとして監督しているエリック・クレール氏

オーシエール ルージュ

カベルネ ソーヴィニヨンの濃厚さとエレガンス、シラーの力強さと、ボルドーとラングドッグのアッサンブラージュとも言えるワインです。口に含むと優しい甘みとボリューム感があり、なめらかなタンニンが心地良さを感じさせます。

品種:カベルネ ソーヴィニヨン、シラー

シャトー オーシエール

シャトーの中の最高の区画で低収量に押さえたブドウを使用しています。ポーイヤックのラフィット樽工場で造られたオーク樽を用い、約40%、12〜16ヶ月樽熟成させます。カシスなどの果実の香りとスパイス、コーヒー、溶け込んだ樽香など複雑な香りと、凝縮感のある味わい、長い余韻と、シャトーのトップキュヴェらしい存在感のあるワインです。

品種:シラー、グルナッシュ、ムールヴェードル、カリニャン

Los Vascos
−ロス ヴァスコス−

チリに移住したスペイン、バスク人により1750年創業された歴史あるワイナリーです。作付面積は580haとコルチャグアヴァレー中部最大規模のブドウ畑ですが、殺虫剤や除草剤などの化学物質を使わずブドウ栽培を行っています。

グリーンハーヴェストによる収量制限、樹齢による区画管理、手摘み収穫を行うなど、丁寧な栽培がおこなわれています。

造り出されたワインは、ソムリエ資格の勉強にお勧めしたい位品種の特徴がきれいに表現されていて、まさに自然からの恵みを享受していることを実感させてくれます。

ロス ヴァスコスの詳しい情報はこちら

ロス ヴァスコス醸造チーム
*ロス ヴァスコス醸造チーム

カベルネ ソーヴィニヨン

ステンレスタンクで発酵・熟成を行い、イチゴやチェリーなどのフレッシュな果実の香りの中に黒コショウなどのスパイシーなニュアンスがあります。フィニッシュにはチリワイン特有の月桂樹やユーカリのヒントが感じられます。

品種:カベルネ ソーヴィニヨン

ル ディス ド ロス ヴァスコス

DBRが醸造開始して10年を記念して造られたワインです。樹齢70年以上のブドウを厳選し、良年のみ生産されます。100%新樽のフレンチオーク樽で熟成。ブラックベリーやチョコレート、リコリス、黒コショウなど豊かなアロマをもち、溶け込みしなやかなタンニン、凝縮感、長い余韻を持つ長期熟成後も楽しみな逸品です。

品種:カベルネ ソーヴィニヨン、カルメネール、シラー

Caro
−カロ−

アルゼンチンのトップワイナリーの1つであるカテナとのコラボレーション。カロのCAはカテナ、ROはロートシルトを表すと共に、イタリア語の「愛しい人」という意味も持ちます。

カテナの3代目当主であるニコラス・カテナ氏はアルゼンチン、メンドーサの土壌とマルベックを徹底的に研究し、世界に誇るアルゼンチンワインを造り出し、2009年には英『Decanter』誌の「マン オブ ザ イヤー」に選ばれた人物。

フランスとアルゼンチンの一流が生み出す世界観をぜひご堪能ください。

カロの詳しい情報はこちら

カテナ氏とエリック男爵
*カテナ氏とエリック男爵

アマンカヤ

アンデス山脈の高地に生息する花の名が付けられたこのワインは、マルベック比率が高く、赤系・黒系果実の香りにバニラやスパイス、ミントなどのアロマが感じられます。
優しいタンニンを持ち、若いうちから楽しむことができます。

品種:マルベック、カベルネ ソーヴィニヨン

カロ

アマンカヤに比べこちらはカベルネ ソーヴィニヨン比率が高く、新樽比率約80%で12〜18か月フレンチオークで熟成させます。
黒系果実や杉、ヴァニラやスパイスなど豊かなアロマを持ち、凝縮感と奥行きのある味わいで、長期熟成タイプのワインです。

品種:カベルネ ソーヴィニヨン、マルベック

DOMAINES -LAFITE- BARONS DE ROTHSCHILD

これらすべてのワインのボトルもしくはエチケットに記されているのは、「5本の矢」のマーク。この5本の矢は、ロスチャイルド家の5人兄弟を表しています。

ラフィット“イズム”のワインは、このマークが目印です!

DBRワインが買えるお店