村瀬美幸の本格チーズ教室

“Organic FETA” × HENRIOT Blanc de Blancs
“Brillat-Savarin” × DOMAINE STE. MICHELLE Michelle Brut Rose

“Organic FETA”

FETA
【チーズの名前】
フェタ
【産地】
ギリシャ
【タイプ】
フレッシュタイプ
【原料乳】
羊乳、山羊乳

【チーズの特徴】
夏場にぴったり、フレッシュで爽やかな酸味がありながらも羊の乳のコクも感じられるチーズです。古代ギリシャ時代から製法が変わらないというチーズで、ギリシャでいまも変わらず親しまれている歴史あるチーズです。昔ながら塩水に漬けこんで保存されているため、塩辛いチーズの印象がありますが、最近は塩抜きをしなくても食べられるものが多くなっています。白くほろほろっとした組織のチーズで、ブロックからスライスして切り分けることからギリシャ語でスライスを意味する『フェタ』と名付けられました。角切りにしてオリーヴオイル漬けにしても美味しいチーズです。羊の乳主体で造られるこのチーズは時に山羊乳も混ざりますが、爽やかな酸味がありながらも羊の乳のコクも感じられるチーズです。

フェタチーズのフルーツサラダ

フェタチーズのフルーツサラダ イメージ

材料・作り方

フェタチーズを1〜1.5pほどの角切りの食べやすい大きさに切り、グリーンサラダ、グレープフルーツやオレンジのスライスとあわせてオリーブオイルベースのドレッシングであえる。ドレッシングは柑橘系のフルーツをカットした時のジュースを加えるとよいでしょう。

味わいの特徴

塩気が程よくあるフレッシュチーズ『フェタ』は、酸味が爽やかに感じられ、フルーティーな香りがあります。特に柑橘系果物の相性は、香りもフレッシュな風味もマッチします。今回は仕上げにレモンフレーバーのオリーブオイルで風味もプラスしており、より夏らしい爽やかさのあるサラダに仕上げてみました。

HENRIOT Blanc de Blancs

あわせたワイン

ブラン ド ブラン NV

ワイナリー:シャンパーニュ アンリオ

1808年創業以来、200年以上家族経営を行う老舗メゾン。シャルドネに重きを置いたシャンパーニュ造りを続けています。
コート・デ・ブラン地区のグランクリュを中心に厳選されたシャルドネを使用している「ブラン ド ブラン」。泡立ちはとてもきめ細やかで、フレッシュで花を思わせるアロマが印象的です。シャルドネのエレガントさを身上とするアンリオのアイデンティティともいえるキュヴェです。

フェタというとギリシャ風サラダには欠かせないチーズ。オレガノをまぶし、トマトやブラックオリーブ、キュウリと合わせて食べるサラダが有名ですが、ブラン・ド・ブランのシャンパーニュに合うように、フェタと相性の良い柑橘系のフルーツとのサラダ仕立てにしてみました。柑橘系のフルーツの他にはスイカを角切りにしてディルをまぶし、フェタと組み合わせるのも夏らしいサラダになります。1pの厚さににスライスしたものをソテーして食べたりしたり、ほうれん草と一緒に炒めてピタパンにはさんだりして食べるのもおすすめです。7-8月の暑い時期にさわやかなフェタチーズがぴったりですね。

講座参加者のコメント♪
フェタチーズのフレッシュさと柑橘系の良い香りがシャンパーニュの複雑味ととても相性が良いです!

“Brillat-Savarin”

Brillat-Savarin
【チーズの名前】
ブリア・サヴァラン アフィネ
【産地】
フランス
【タイプ】
白カビタイプ
【原料乳】
牛乳

【チーズの特徴】
フランスの有名な美食家の名前にちなんで命名されたという、『ブリア・サヴァラン』。牛乳に生クリームを足して造られたクリーミーなチーズです。今回はうっすらと白カビをまとった『アフィネ』という熟成タイプです。フレッシュタイプもあり、甘くない“レアーチーズケーキ”のような味わいで多くの人に愛されているチーズです。

ブリア・サヴァランのスモークサーモン風味

ブリア・サヴァランのスモークサーモン風味 イメージ

材料・作り方

薄切りのスモークサーモンに一口サイズに切ったブリア・サヴァランアフィネをのせ、レモンオリーブオイルをかけ、胡椒をして出来上がり。お好みでディルやケイパーをトッピングしてもOK。レモン汁をスモークサーモンに直接かけると白っぽく変色してしまいますが、レモン風味のオリーブオイルを使うことでスモークサーモンの色が変色も防げます。

味わいの特徴

スモークサーモンと相性の良いサワークリームの組み合わせ同様、少し酸味のあるクリームチーズとの相性も良いことから、『ブリア・サヴァラン アフィネ』の心地よい酸味とクリーム添加によるクリーミーな風味とがスモークサーモンとマッチし、口あたり滑らかな印象です。

DOMAINE STE. MICHELLE Michelle Brut Rose

あわせたワイン

ミッシェル ブリュット ロゼ

ワイナリー:ドメーヌ サン ミッシェル

アメリカ ワシントン州の名手が造り出す瓶内二次発酵のプレミアムスパークリングワイン。ワシントン州コロンビア ヴァレーの中でも西部ヤキマ ヴァレーの冷涼な畑から取れるブドウを厳選して造られます。美しいブラッシュの色合いでベリー系の香りで口当たりはドライ、優しく表現された果実味がさわやかな余韻へと導いてくれます。

生クリームを添加した口溶けがよいチーズのため、スパークリングワインのきめ細やかでクリーミーな泡立ちと食感がマッチします。また、舌の上にのこるクリームのこってり感をワインの泡立ちがさっぱりしてくれます。チーズ自体に爽やかな酸味があるので夏にもおすすめのチーズです。ロゼの風味がスモークサーモンともよく合います。
今回は、上にチーズを乗せた簡単なアレンジでしたが、チーズを水平に3等分に切り、真ん中の部分のチーズにスモークサーモンのみじん切り、ハーブ類、レモン汁、ヘーゼルナッツオイル、塩胡椒をしたペーストをつくり、チーズの真ん中に戻し組み立てて、ケーキ仕立てにして、放射線上にカットすれば、さらにおもてなしの一品になります。

講座参加者のコメント♪
ミッシェル ロゼはスモークサーモンともチーズとも相性が良くて、すぐに試したいですね。

他にもこんなマリアージュ

「チーズたっぷりグジェール」シュー生地にコンテチーズをたっぷり入れたグジェールは、さわやかなミッシェル ブリュット ロゼと相性抜群。アペリティフでスパークリングワインと一緒におもてなしするのにいいですね♪

アンリオ ブリュット スーヴェラン のイメージ