アンバサダーが導く「アンリオトリロジー」の世界

トップへ戻る

〜アンリオアンバサダー 情野シェフソムリエが行く〜「アンリオ ファミリー ワイン と日本全国ご当地グルメ」の世界

愛媛県 Ehime

もぶり飯 × ヴォルネー カイユレ

もぶり飯
ドメーヌ ブシャール ペール エ フィス ヴォルネー カイユレ アンシェンヌ キュヴェ カルノ ドメーヌ ブシャール ペール エ フィス ヴォルネー カイユレ アンシェンヌ キュヴェ カルノ

ブシャールが1775年に初めて購入した伝統のある畑。石灰の小石が多く、それが夜間も熱を保つためにブドウは早熟となります。
香り高く繊細なヴォルネーの中では例外的に骨格の強いワインを生み出す畑として知られています。タンニンもしっかりしており豊かな複雑味が魅力です。

アンリオアンバサダー 情野氏のコメント

松山市の郷土料理で、古くは"松山鮓(まつやますし)"や"もぶり鮓(もぶりすし)"と呼ばれたもので、地元でとれた魚をちりばめた"ちらし寿司"のこと。ヴォルネーは繊細さとフレッシュさがあり、鉄分や苦味が出ないタイプです。酢蓮根、椎茸の甘み、錦糸卵、穴子、蛸にピノノワールの甘みが良く合います。

じゃこ天とじゃこカツ × ピノ ノワール ラ ヴィニエ

じゃこ天とじゃこカツ
メゾン ブシャール ペール エ フィス ブルゴーニュ ピノ ノワール ラ ヴィニエ メゾン ブシャール ペール エ フィス ブルゴーニュ ピノ ノワール ラ ヴィニエ

ブルゴーニュの名門、ブシャール ペール エ フィスのスタンダードワイン。小さな赤い果実のチャーミングな香りとミネラル感、やさしいふくらみを持ち、ブルゴーニュのピノ ノワールの特徴が良く表現されています。「ラ ヴィニェ」とはブルゴーニュ地方の古語で、農夫が1日で作業できる畑の広さを表します。

アンリオアンバサダー 情野氏のコメント

じゃこカツのフライにした香ばしさとワインの果実味と香ばしさがマッチします。家庭で楽しむ料理にはスタンダードクラスのピノ ノワールが良く合います。

いも豚のしゃぶしゃぶ × シャルドネ ド シャルドネ

いも豚のしゃぶしゃぶ
メゾン ブシャール ペール エ フィス シャルドネ ド シャルドネ メゾン ブシャール ペール エ フィス シャルドネ ド シャルドネ

シャルドネ種発祥の地という説もある「シャルドネ村」産のシャルドネを100%使用。
南の産地らしいふくらみのある果実味が優しく口中に広がり、上品な樽香とのバランスも良いワインです。

アンリオアンバサダー 情野氏のコメント

いも豚とは、イモを食べる豚のこと。豚肉に餌からくる自然な甘みが出ているので、シャルドネ ド シャルドネのナッティさとコク、甘みがマリアージュのポイントになります。さっぱりとしたゴマだれも寄り添って味わいが増していきます。

鯛飯 × シャルドネ ド シャルドネ

鯛飯
メゾン ブシャール ペール エ フィス シャルドネ ド シャルドネ メゾン ブシャール ペール エ フィス シャルドネ ド シャルドネ

シャルドネ種発祥の地という説もある「シャルドネ村」産のシャルドネを100%使用。
南の産地らしいふくらみのある果実味が優しく口中に広がり、上品な樽香とのバランスも良いワインです。

アンリオアンバサダー 情野氏のコメント

火の入った鯛の凝縮感とシャルドネの甘みがほっこりする組み合わせ。白身の旨みが生きるマリアージュです。

ページのトップへ戻る

北陸・甲信越
山梨県 長野県 新潟県
富山県 石川県 福井県
関西
大阪府 京都府 兵庫県
奈良県 滋賀県 和歌山県
中国・四国
広島県 岡山県 山口県
鳥取県 島根県 徳島県
香川県 愛媛県 高知県
九州・沖縄
福岡県 長崎県 佐賀県
大分県 熊本県 鹿児島県
宮崎県 沖縄県
北海道
北海道
東北
青森県 岩手県 秋田県
宮城県 山形県 福島県
関東
東京都 神奈川県 千葉県
埼玉県 茨城県 栃木県
群馬県
中部
愛知県 静岡県 三重県
岐阜県
PAGE TOP