アンバサダーが導く「アンリオトリロジー」の世界

トップへ戻る

HENRIOT×ART “アンリオとアートが奏でる幸せな時間“ アーティスティックなシャンパーニュと、パールのような輝きのある時間。1808年創業から家族経営を続けるシャンパーニュ「アンリオ」とアートとのつながりをご紹介いたします。

  • HENRIOT x Japon

    アーティスティックなシャンパーニュと、芸術を楽しむパールのような輝きのある時間。日本で行われるイベントなどご紹介しています。

    サントリーホール フェスティバル2014 「オープニング・フェスタ」(That’s オーケストラ!)のイメージ

    サントリーホール フェスティバル2014 「オープニング・フェスタ」(That’s オーケストラ!)では、特別にアンリオ ブリュット スーヴェランがお楽しみいただける席をご用意。素敵な音楽と“アンリオ ブリュット スーヴェラン”で贅沢なひと時を過ごしてみてはいかがでしょうか。

    会場:サントリーホール 大ホール
    〒107-8403東京都港区赤坂1-13-1
    日時:9月20日(土)
    18:00開演(17:00開場)

    ご予約・お問い合わせはこちら

    2013年活動はこちら

  • HENRIOT x Photographie

    人や風景の詳細な描写に優れ、鋭い視点で対象物の繊細な動きを表現することに定評があり、フランス国内外の様々な分野で活躍する写真家 Erwan Balanant氏(エルワン バラナン氏)。

    シャンパーニュ アンリオにまつわる、畑、セラーでの営み、愛好家とのふれあいなど、様々な表情をとらえた写真を生み出しています。

    トップキュベ「アンシャンテルール」の特別パッケージイメージ写真

    素晴らしい気候に恵まれた1999年には、トップキュベ「アンシャンテルール」の特別パッケージ作成にも参画。同年8月に観測された皆既日食をデザインに組み込むことにより、優れた気候と土壌から生み出される偉大なシャンパーニュというメッセージを見事に表現しています。

    商品詳細

  • HENRIOT OPERA

    アンリオ家は先祖代々、歴史的な遺産や建物を保存することに熱心で、また、オペラやクラシックを愛する家系でもありました。 毎年秋にパリで開催される野外オペラは、モン・サン・ミッシェルやオランジュのローマ時代のアリーナなど、歴史的な施設を使って行われる、今やフランスの風物詩の一つ。まさに一族の大切な趣味だからこそ、13年前の開始当初からスポンサーシップを請け負ってきたのも自然な流れであるといえるでしょう。 2014年9月に行われるオペラ“ドン ジョヴァンニ”でもアンリオが公式シャンパーニュとして、提供されています。

    毎年秋にパリで開催される野外オペラは、モン・サン・ミッシェルやオランジュのローマ時代のアリーナ

    2013年9月に行われるオペラ“魔笛”(モーツァルト)

  • HENRIOT x Art Moderne

    アンリオ家は、現代美術の創作活動も支援してきました。 “Prix Champagne Henriot du Catalogue d’Artiste” (アンリオ 芸術カタログ基金)を2009年に創設。毎年、世界各地の著名人による審査をし、将来有望な芸術家を表彰、資金面をサポートしています。また、アンリオの「アッサンブラージュの芸術」とも言うべきロゼミレジムの特別パッケージのデザインを、 2009-2011年の受賞者である3人の新進気鋭の芸術家たちに依頼。2012年に数量限定で日本でも販売。ご好評を頂きました。

    HENRIOT Rosé Millésimé 1988 by Richard Fauguet

    HENRIOT Rosé Millésimé  1989 by Annne-Laure Sacriste

    HENRIOT Rosé Millésimé 1990 by “Le Gentil Garçon”

PAGE TOP