アンバサダーが導く“アンリオトリロジー”   トップへ戻る

7月のお薦め アンリオ ブラン ド ブラン NV
  • 大越アンバサダーのテイスティングコメント

    輝きと照りのある淡いイエロー
    細かい気泡が終始連なってグラスの中を立ち昇ります。
    爽やかで華やか
    かつ優しい香りが特徴で
    柑橘類や軽いハーブの香りをヨードのニュアンスが包み込んでいます。
    パン ド ミの様な香りも複雑さを与えており
    長期での熟成の恩恵を感じさせます。
    味わいは泡のキメが細かくクリーミーで
    柔らかな口当たりが印象的
    伸びのある酸と心地よい塩味が
    豊かな旨みと共にバランスよく展開します。
    余韻はキレがありドライな風味で仕上がっており
    ミネラルやイースト、アカシアのお花等のアフターフレーバーを持っています。
    同時にブラン ド ブランらしい爽快さも演出しております。
    少し間口が広めのフルートグラスで
    香りを楽しみながら6度から8度程でお楽しみに下さい。

    カニとハーブのサラダ 仕立て・レモンヴィネガー
    レモンの清涼感やハーブの芳香、カニの柔らかいテクスチャーとの相性が良いです。

  • 醸造責任者 ローラン・フレネ氏

  • アンリオのブラン ド ブランは「シャルドネのスペシャリスト」としてのノウハウの結晶です。驚くべき余韻の長さと複雑さによってもたらされる魅力と、素晴らしいフレッシュさを兼ね備えています。食前酒としてはもちろん、食中酒としても楽しめる理想的なスタイル。
    現在リリースされているブラン ド ブランは2006年がベースになっていて、コート デ ブランのシャルドネを主体とし、30%という豊富なリザーヴワインにてまとめ上げ、約4年の長い熟成を経て出荷しています。