アンバサダーが導く“アンリオトリロジー”   トップへ戻る

8月のお薦め ブシャール ペール エ フィス ブルゴーニュ シャルドネ 'ラ ヴィニェ'
  • 大越アンバサダーのテイスティングコメント

    輝きのある淡いグリーンがかったイエロー
    チャーミングで華やか
    軽やかでアロマティックな芳香が親しみやすく
    レモンやグレープフルーツ等の柑橘類の香りに
    白いお花のニュアンス、ジャスミンのようなノートを持ちます。
    香りから素直に楽しめるワインです。
    口当たりも柔らかくバランスがよい味わいで
    酸味、果実味、塩味がよく溶け合っています。
    綺麗にそして溌剌さを持ってまとまっており
    軽やかながらも充実した味わいです。

    冷やしおでん(関西風味)
    お料理の塩味と旨みがワインの酸や甘み、ちょっとした苦みとバランスが良いです。

  • 輸出・広報担当 西山 雅己氏

  • ブルゴーニュの地方名のワインは、プルミエやグラン・クリュよりも造るのが難しく、醸造責任者を悩ませるワインです。上級クラスの畑は水はけや日照条件に優れているので、毎年品質の高いブドウが収穫できるのに比べ、地方名のワインはヴィンテージの影響を受けやすく、量も多いため品質を安定させるのが難しいのです。

    また、手に入りやすい価格のワインなので、たくさんの方に飲んでいただき、ブルゴーニュの良さを知っていただく大事なワインでもあります。これが美味しくなければ上のクラスのワインを飲んでいただけないので、常に真剣です。

    ブシャールの基準を満たした農家からできるだけブドウの形で購入し、自社で醸造をしているワイン。ブルゴーニュという北の栽培地の酸と果実のフレッシュさを表現するために75%をステンレスタンク、25%を樽にて7ヶ月程度熟成させています。