ワイナリー・ワイン検索

ファインズ トップワイナリー・ワイン検索ワイナリー情報ニューワールド > サウスオーストラリア「ピュージー ヴェイル」
  •  
  • ワイナリー・ワイン検索
  •  
  • ワイナリー情報
  •  
  • ワイン検索
  •  
  •  
  • フランス
  • イタリア
  • ヨーロッパ
  • ニューワールド
ジョン デュヴァル ワインズ

イーデン ヴァレー リースリングの先駆者

オーストラリア/サウスオーストラリア

ワイナリーの歴史

ピュージー ヴェイルの畑は、イーデン ヴァレーで最も早くにリースリングが植えられた畑です。1847年、英国からやって来たジョセフ ギルバート氏がイーデン ヴァレーに農場を建設し、このエリアで初めてのブドウを植えたことに始まります。これが現在のオーストラリアに植えられているブドウの先祖に当たるといわれます。ピュージー ヴェイル ヴィンヤードに植わっているブドウの樹も、すべて1847年にもたらされた樹の子孫です。ピュージー ヴェイルの畑は、一度は使われなくなった時期がありましたが、1961年、ジェフリー アンガス パーソン氏によって再び畑のポテンシャルが見直され、彼の友人であったウィンダム ヒル スミス氏によって、ワイナリーが建て直されました。
現在もヒル スミス家が所有しており「ワインは畑で造られる」というフィロソフィーを持ってワインメーカー ルイーザ ローズ女史とヴィンヤード マネジャー ダレル クルガー氏と二人三脚でテロワールを反映した美しいリースリング造りに努めています。

栽培・醸造

ピュージー ヴェイル ヴィンヤードはイーデン ヴァレーにある145haの土地で、うち50haがブドウ畑です。土壌や斜面の向きが多様で、出来るブドウの個性も異なるので区画ごとに細かく分けて収穫、醸造を実施します。また、20年以上に渡りサステイナブルなブドウ栽培を続けており、コンツアーズの区画でのビオディナミ農法を実施、ブドウの根の保護、畝の間のカバークロップ栽培、2,500本以上の新たなブドウの植樹など、自然に寄り添う取り組みを行っています。
醸造は、グループであるヤルンバのワイナリーで、リースリングの酸味を生かすためステンレスタンクで発酵されます。