ワイナリー・ワイン検索

ファインズ トップワイナリー・ワイン検索ワイナリー情報フランス > ブルゴーニュ「ドメーヌ クリスチャン モロー」
  •  
  • ワイナリー・ワイン検索
  •  
  • ワイナリー情報
  •  
  • ワイン検索
  •  
  •  
  • フランス
  • イタリア
  • ヨーロッパ
  • ニューワールド
ドメーヌ クリスチャン モロー

シャブリのテロワールを凝縮させた味わい巨体の上に日焼けした丸顔と愛らしいクリッとした眼を載せたクリスチャンはシャブリの名物男のひとりだ。若いころには父親のドメーヌを継ぐという既定路線に反発し、放浪の旅に出た。旅先のカナダで生涯の伴侶を見つけ、思い出したころにようやく帰郷。ドメーヌを継いだ後は、祖先が1904年に取得した「クロ デ ゾスピス」などの銘畑 を有しながらも拡大路線に走り、巨大資本もとりいれてシャブリ有数のネゴシアンに発展させた。しかし路線対立から社長の座を降り、会社を完全に売却、悠々自適の生活を送っていた。会社は売却したものの畑については家族名義で所有し続け、契約問題が解決後、満を持して2002年に「ドメーヌ クリスチャン モロー」を興した。

2千人に満たないこの静かな村は、若かりし頃の彼には窮屈だったであろう。そんな彼もドメーヌ再興後はワインづくりを息子のファビアンに譲り、自らは応援役に回っている。
ファビアンは父親と180度異なり細身で、繊細で内向的な表情を見せる。父親のクリスチャンも「ファビアンは研究熱心で、毎年さらによいものを造ろうという姿勢が強い」と全幅の信頼を寄せる。「1ダースの生産者しかいない」という手摘み収穫にこだわり、「2人しかいない」というテーブル上での選果を行う。かつてシャブリは北の産地のシャープさを重視する「ステンレス派」とコート・ドール式の「樽派」に分かれた論争が盛んで、その父はステンレス派の代表だった。現在ファビアンは樽発酵とステンレス発酵を併用し、シャブリのテロワールと複雑味の両立を追求している。ほどよく豊かで厚みがあり、それでいてシャブリのアイデンティティを主張するミネラル感や酸の伸びやかさを備えるワインは、父の力強さと息子の冷静さを思い出させるのだ。

フランス/ブルゴーニュ

ドメーヌの歴史

モロー家の歴史は1814年に製樽業を営んでいたジャン・ジョセフ・モロー氏がネゴシアン“J モロー エ フィス”を設立したのが始まりです。
シャブリの名畑「クロ デ ゾスピス」を単独所有するなど、シャブリの第一人者としての名声を築きましたが、その後他社の傘下に入ることとなりました。

モロー家は歴代ワイン造りに携わってきましたが、品質に対する方針の違いから、現当主であるクリスチャン・モロー氏はJ モロー エ フィスを退社しました。しかし、モロー氏が畑の所有権を保有していたため、J モロー エ フィスがリース・販売権が切れた2002年からモロー氏がドメーヌ クリスチャン モローとして独自のワイン造りと販売を開始しました。

現在は、息子のファビアン・モロー氏が中心となり、クリスチャン・モロー氏は彼にアドヴァイスをする立場となり、親子二人三脚でワイン造りを行っています。

栽培

約12.5haを所有し、内グラン クリュが約5.5ha、レ クロの中の優れた区画である「クロ デ ゾスピス」を単独所有しています。以前からリュット レゾネを実践、2002年からは徐々にビオロジックに移行し、2010年にはすべての畑がビオロジックとなりました。収穫は手摘みで行われ、選果台をかねた収穫用の車を畑に横付けして、収穫と選果を同時に行っています。

マッサル・セレクションを実践していて、平均樹齢が80年近いヴァイヨン ギィ モローの区画から採取したクローンを使用しています。
また、平均収量50hl/haと収量を落とし、凝縮されてテロワールが見事に反映されたワインを造り出しています。

醸造

25〜50hlの小さめのタンクで区画ごとに醸造。発酵にはすべて天然酵母を使用しています。ファビアンがワイン造りに参加してから、オーク樽を使って発酵されるようになりました。オーク樽で発酵させる比率はグラン クリュで約50%、プルミエ クリュで約30%。但し、新樽比率は2%と低く抑え、テロワールの特徴を隠してしまわないようにしています。