ワイナリー・ワイン検索

ファインズ トップワイナリー・ワイン検索ワイナリー情報フランス > ラングドック「シャトー エグ ヴィヴ」
  •  
  • ワイナリー・ワイン検索
  •  
  • ワイナリー情報
  •  
  • ワイン検索
  •  
  •  
  • フランス
  • イタリア
  • ヨーロッパ
  • ニューワールド
シャトー エグ ヴィヴ

“源泉”を意味するビオディナミシャトー

フランス/ラングドック

ワイナリーの歴史

父から畑を受け継ぐブドウ栽培家であり、元ラグビー仏代表という異例のバックグラウンドを持つジェラール ベルトラン氏が所有するビオディナミのワイナリー。
シャトー エグ ヴィヴは1817年に水質とその薬効で大きな名声を得ていた古代ローマの温泉「AGUA VIVA」の跡地に設立されました。それゆえに「エグ ヴィヴ」 という名前がつけられています。平地のコルビエール・ブートナックに位置し、乾燥した土地ですが地下水脈が通っており、ブドウが根を張り育つのに最良な環境になっています。

栽培・醸造

年間300日晴天が続くほど非常に乾燥したエリアで、土壌は小さな「プディング ストーン」(丸い堆積岩の一種、礫岩)と「テラロッサ」(=赤い土地)として有名な砂岩でよく知られています。ブドウの生育に理想的なコンディションの中、ビオディナミ農法を実施し、手摘みで収穫しています。品種にあわせた醸造を行い、カリニャンとシラーは全房のまま10日〜18日間のマセラシオンカルボニック、グルナッシュは除梗後、15日〜20日間の醸しを行います。発酵させブレンドした後、12ヶ月間樽にて熟成させます。

参考価格リスト
  • Château Aigues Vives
    【 シャトー エグヴィヴ 】
  • AOP : コルビエール ブートナック
  • 品種 : シラー、グルナッシュ、カリニャン、ムールヴェードル
  • 古き良きボルドースタイル、古樹から来る複雑さや余韻の長さが心地よい味わい、深みがあり、たっぷりとしてかつエレガントな味わいを一度に感じられるワインです。ベルトランが生まれた町の歴史的な畑のブドウを使用しています。