ワイナリー・ワイン検索

  •  
  • ワイナリー・ワイン検索
  •  
  • ワイナリー情報
  •  
  • ワイン検索
  •  
  •  
  • フランス
  • イタリア
  • ヨーロッパ
  • ニューワールド
カステル・ザレッグ

アルト アディジェのテロワールを丁寧に表現

イタリア/トレンティーノ=アルト アディジェ

ワイナリーの歴史

カステル ザレッグは、イタリア最北の州である「トレンティーノ・アルト アディジェ」にあり、1851年、オーストリア大公によりワイン造りが始められました。現在は、クウェンブルグ伯爵家がワイナリーを所有し、歴史と伝統を大切にしつつ、最新式の技術を取り入れて土地のテロワールを反映しています。ワインをこよなく愛するクウェンブルク伯爵、そして広い視野を持った若きワインメーカー マティウス ホイザー氏など、パッションに溢れたチーム力で、日々丁寧な仕事を行いワイン造りに励んでいます。

栽培・醸造

カルダロ湖からの暖かい風とドロミテ渓谷からの冷たい風の影響で、昼夜の気温差が大きく、最大40度の傾斜となる水はけの良い畑を所有。この恵まれた条件の中で造られたブドウは、すべて手摘みで収穫し、各ワインに合わせた特注のタンクで醸造しています。
ピノ ネロ、ピノ グリージョ、ソーヴィニヨン ブランやアルト アディジェ特有の品種を栽培し、一部を伝統的な仕立て方【ペルゴラ(PARGOLA)仕立て】で行うなど、土地の個性を綺麗にワインに表現することを目指しています。