ワイナリー・ワイン検索

  •  
  • ワイナリー・ワイン検索
  •  
  • ワイナリー情報
  •  
  • ワイン検索
  •  
  •  
  • フランス
  • イタリア
  • ヨーロッパ
  • ニューワールド
ヴィラ ルシッツ

理想的な土壌で造る繊細な酸とミネラルのバランス

イタリア/フリウリ

ワイナリーの歴史

1869年にフランス人、セオドア デ ラ トゥール氏によって設立されたワイナリー。フランス系のブドウを初めて持ち込み、アペラシオン、コッリオの中でも条件の良い南向斜面に植え、その畑は分割することなく現在に至ります。第一次世界大戦後、この地がオーストリア領からイタリア領に変わったのを機に、オーストリア人の未亡人が、この土地で、孤児院をするのを条件にイタリア政府に寄付。現在でもワイナリー内に孤児院が運営されています。1988年、ジャンニ メノッティ氏がワインメーカーとなって以来、急激に評価を上げ、現在はメノッティ氏の元で醸造チームに加わっていたジョヴァンニ ジェニオ氏がワインメーカーを務めています

栽培・醸造

南東のアドリア海から約30km、北西部ジュリアン アルプスから約30kmに位置するコッリオは、白ワインにとって理想的な土地のひとつと言われています。強い陽光、昼夜の寒暖差、そして石灰質と粘土質の層が重なる土壌が、しっかりとした骨格を持ち、切れの良いシャープな酸と豊富なミネラルを感じさせるワインを造り出します。 醸造は、ステンレスタンク発酵・熟成を行います。熟成タンクは、上部が可動式になっていてワインの量に合わせて完璧に調節ができるので、空気との接触がなく、ワインの酸化も抑えられ、非常にクリーンなワイン造りが可能です。