ワイナリー・ワイン検索

  •  
  • ワイナリー・ワイン検索
  •  
  • ワイナリー情報
  •  
  • ワイン検索
  •  
  •  
  • フランス
  • イタリア
  • ヨーロッパ
  • ニューワールド
ジッラルディ

ピエモンテでシラー種のワインを造る革新的なワイナリー

イタリア/ピエモンテ

ドメーヌの歴史

バローロの南側、ドルチェット ドリアーニDOCGの生産地域内、ファリリアーノにあるワイナリー。現当主の祖父で、フランスで生まれたジャコモ氏が、コート デュ ローヌでワイン造りを経験し、1928年に“コルサレット”、ランゲの方言では“クルサレット”と呼ばれる丘陵にあるブドウ畑で栽培を始めました。1980年に現当主で三代目のジャコリーノ氏が自社で瓶詰めを開始し、更に畑を購入し拡大しました。2000年代にはワインセラーを新設、2011年にバローロ地区に醸造施設を新たに設け、ワイン造りに真摯に向き合い、チャレンジをし続けています。

栽培・醸造

自社畑は、300〜480mの丘陵にあり、除草剤を使用せずブドウにとって良い環境を作り出しています。
ハリスは古い小樽で18ヶ月熟成(新樽を10〜15%使用の場合もあり)をしています。バローロに関しては、オーストリアの古い大樽(22hl)を使用し、42ヶ月熟成させます。