ワイナリー・ワイン検索

ファインズ トップワイナリー・ワイン検索ワイナリー情報ニューワールド > 南アフリカ「ルパート&ロートシルト」
  •  
  • ワイナリー・ワイン検索
  •  
  • ワイナリー情報
  •  
  • ワイン検索
  •  
  •  
  • フランス
  • イタリア
  • ヨーロッパ
  • ニューワールド
ルパート&ロートシルト

南アフリカとボルドーの名門のコラボレーション

南アフリカ/ウエスタンケープ

ワイナリーの歴史

1690年、フランスから移住したプロテスタントがフレデリックスベルク農園を開拓しました。1986年、レンブラントグループのオーナーで反アパルトヘイト活動にも尽力し、南アフリカのワイン産業の近代化にも大きな功績を残したアントン ルパート氏と、ボルドーでシャトー ペイル ルバードを経営するエドモン ド ロートシルト男爵が共同でこの農場を買い取り、1997年にルパート&ロートシルトとして正式に創業しました。
現在はアントン氏の息子でリシュモン社のオーナーであるヨハン ルパート氏とエドモン男爵の息子バンジャパン ド ロートシルト男爵が共同で運営しています。

栽培

南アフリカの6地域に自社畑と契約畑を所有しています。起伏の激しい地形と海からの風の影響、強い日差しのため、様々なマイクロクライメットを生み出す地域。そのため、ヴィンテージによらず高品質のワインを造り出すために、毎年ブドウを選別し、優れたブドウのみを使用します。摘葉・摘房から収穫まで手作業で丁寧に行われています。また、コンサルタントのミッシェル ローラン氏が年に2回訪れ、ブドウの生育状況をチェックしています。

醸造

南アフリカ自然基金を創設するなど、数々の自然保護活動を行っていたルパート氏。このルパート&ロートシルトでも自然環境に配慮し、南アフリカで初めてISO14001環境マネジメント認証を取得。また、食品製造における安全管理のためのHACCPも取得するなど、様々な配慮がされています。
ワイン造りにおける人の介入は最小限に抑えるようにし、赤ワイン用のブドウはスキンコンタクトの状態でパンチングダウンが行われ、最後に残った果皮は軽くプレスされます。熟成はフレンチオークの小樽を使用。白ワイン用のブドウは房ごと優しくプレスし、500リットルのフレンチオークで熟成させます。
セラーマスターは、現CEOであるクローク ヴィレム ジュベール氏の後任として若きワインメーカー イヴォンヌ レスター女史が醸造責任者を務めています。