ワイナリー・ワイン検索

ファインズ トップワイナリー・ワイン検索ワイナリー情報ニューワールド > アメリカ カリフォルニア「スタッグス リープ ワイン セラーズ」
  •  
  • ワイナリー・ワイン検索
  •  
  • ワイナリー情報
  •  
  • ワイン検索
  •  
  •  
  • フランス
  • イタリア
  • ヨーロッパ
  • ニューワールド
スタッグス リープ ワイン セラーズ

今日のアメリカワインの地位を築き、牽引し続けるナパを代表するワイナリー

アメリカ/カリフォルニア

ワイナリーの歴史

シカゴ大学で講師を勤めていたウォレン ウィニアルスキ氏がネイサン フェイ氏と出会い、1970年にスタッグス リープ ヴィンヤードを取得、設立しました。72年に醸造所が完成、コンサルタントにアンドレ チェリチェフ氏を招きました。1976年5月、後に「パリスの審判」と呼ばれるアカデミー デュ ヴァン主宰のブラインドテイスティングで、五大シャトーなどフランスの著名ワインを抑えカベルネ ソーヴィニヨンの中で「スタッグス リープ ワイン セラーズ S.L.V. カベルネ ソーヴィニヨン1973」が見事1位を獲得。このワインはスタッグス リープのファーストヴィンテージで、樹齢もたった3年という驚きと共に大きな話題となり、以降世界中に熱狂的なファンを持つワイナリーとなりました。
2007年にサン ミッシェル ワイン エステーツとマルケージ アンティノリが共同で所有を開始。2011年には晩餐会でサーブされるなど、アメリカを代表するワイナリーの一つです。“STAG’S LEAP”とは、stag=牡鹿、leap=飛ぶで、ネイティブ アメリカンがこの地で生活していた時代、狩猟で追い込んだ牡鹿が谷を飛び越え逃れたという逸話に由来しています。エチケットにも描かれている牡鹿は「勇気・雄々しさ・躍動感」の象徴で、ワインのスタイルも表現しています。

栽培・醸造

グレイスファミリーの一族で、自然の力を応用した病虫害対策においてカリフォルニアで第一人者と言われているカーク グレイス氏が栽培責任者として、区画毎に畑の管理を行っています。畝間にその土地に最適な草を植えて土壌の改善や益虫を集めたり、キャノピーマネジメント(摘芯や除葉など)により日照を良くしたりして、畑の健全化を図っています。
2013年から、コル ソラーレのワインメーカーを経験したマーカス ノタロ氏が醸造責任者に就任。醸造所は重力に沿って醸造過程が進むグラヴィティシステムを採用、発酵時に出るブドウの搾りかすを手作業で取り除くなど、果汁に出来る限りストレスをかけない造りをしています。熟成はフレンチオークは100%使用しています。