ワイナリー・ワイン検索

ファインズ トップワイナリー・ワイン検索ワイナリー情報ニューワールド > アメリカ ワシントン「シャトー サン ミッシェル」
  •  
  • ワイナリー・ワイン検索
  •  
  • ワイナリー情報
  •  
  • ワイン検索
  •  
  •  
  • フランス
  • イタリア
  • ヨーロッパ
  • ニューワールド
シャトー サン ミッシェル

アメリカワインのリーディングワイナリー

アメリカ/ワシントン

ワイナリーの歴史

1912年バロン フレデリック スティムソンが農場を設立した場所に、シャトー サン ミッシェルはあります。1934年に設立したナショナル ワイン カンパニーが合併により54年にアメリカン ワイン グローワーズを設立し、カリフォルニアワインのカリスマと言われるアンドレ チェリチェフ氏のコンサルタントを受けて1967年にシャトー サン ミッシェルをリリース。1974年にリースリングのワインが『ロサンゼルス タイムズ』主催のテイスティングでトップ評価を受け、一躍全米の注目を集めました。
1983年にワシントン州初のAVA「ヤキマ ヴァレー」、87年に「コロンビア ヴァレー」「ワラワラ ヴァレー」が認証され、米国内はもちろん世界中から同州ワインへの関心が高まる中、シャトー サン ミッシェルはリーダーとしての名声を確立していきました。 1998年にはトスカーナのマルケージ アンティノリとのコラボレーションにより「コル ソラーレ」を設立、99年にはドイツのモーゼル、エルンスト ローゼン博士とのコラボレーションにより「エロイカ」をリリースするなど、常に前進し続けています。

栽培

1,420haの畑を所有し、サステイナブルな手法で栽培、ワイン造りを行っています。畑では土壌浸食を防ぎ、益虫を集めるために畝間に防虫や土壌改良効果のある草や穀物を植えています。また、農場で出た堆肥や醸造によって生じたブドウカスを畑で使うなど、自然の力を借りてより良い土壌作りをしています。日々畑をチェックし、病気や害虫が発生しないように予防対策を行っています。殺虫剤を使用しなくてはいけない場合は、植物からの抽出物など自然の力を生かした殺虫剤を使用しています。このような取り組みにより、コールド クリーク ヴィンヤードとカヌー リッジ エステートはL.I.V.E.(国際生物的防除研究機構)というサステイナブル農法の認証を取得しています。

醸造

シャトー サン ミッシェルは2つの醸造所を所有しています。1つはシアトル郊外ウッデンヴィルのスティムソン卿の邸宅を改築した白ワイン専用の醸造所、もう1つはワシントン州南部ホース ヘブン ヒルズに赤ワイン専用の醸造所です。 16年間ソノマでワイン造りを経験したボブ バートゥ氏が2004年にヘッド ワイン メーカーとなり、赤ワイン醸造責任者にレイモン マッキー氏、白ワイン醸造責任者にディヴィッド ローゼンタール氏を任命し、シャトー サン ミッシェル スタイルを伝承し、ワイン造りを行っています。
醸造所でもSTARS(選択的酒石酸塩除去システム。冷却安定ではなく、電気透析による酒石酸塩の除去)の導入や、熱交換器使用により、使用エネルギーを削減したり、アメリカ国内に流通する瓶やダンボールのリサイクルを行うなど、サステイナブルなワイン造りを行っています。

ワインメーカー ボブ バートゥのなが〜い1日