ワイナリー・ワイン検索

ファインズ トップワイナリー・ワイン検索ワイナリー情報ニューワールド > アメリカ ワシントン「エロイカ」
  •  
  • ワイナリー・ワイン検索
  •  
  • ワイナリー情報
  •  
  • ワイン検索
  •  
  •  
  • フランス
  • イタリア
  • ヨーロッパ
  • ニューワールド
エロイカ

伝統国とニューワールドの名手が奏でるハーモニー

アメリカ/ワシントン

ワイナリーの歴史

200年以上の歴史を持つモーゼル ローゼン家。1988年に当主になったエルンスト ローゼン博士は伝統的な有機農法と醸造法を再び取り入れ、素晴らしいリースリングワインを生み出し、世界的に高い評価を集めてきました。「リースリング ルネッサンス」の伝播のために、世界中を旅していたローゼン博士はアメリカでシャトー サン ミッシェルの「コールド クリーク リースリング」に出合い、その質の高さに衝撃を受けてすぐにシャトー サン ミッシェルに共同でリースリングワイン造りを行うことを提案。1999年、ベートーヴェンの交響曲第3番「英雄(eroica)」に因んで名づけられた「エロイカ」が生まれ、伝統国とニューワールドの伝統と技術が融合したワインが造り出されています。

栽培・醸造

設立当初、エロイカにはコールド クリーク ヴィンヤードのブドウが使われていましたが、現在はより酸味やミネラル感のあるワインを造るため、エヴァーグリーン ヴィンヤードなどの冷涼な土地のブドウを使用しています。また、冷涼な地域の畑に変えただけではなく、収量制限やキャノピーマネージメント(摘芯や除葉など)を行うなど、ローゼン博士とワインメーカーのボブ バートゥ氏を中心によりより良いブドウを育てるための取り組みが行われています。醸造はシャトー サン ミッシェルがウッデンヴィルに所有する白ワイン専用の醸造所を使用しています。