ワイナリー・ワイン検索

ファインズ トップワイナリー・ワイン検索ワイナリー情報ニューワールド > アメリカ ワシントン「コル ソラーレ」
  •  
  • ワイナリー・ワイン検索
  •  
  • ワイナリー情報
  •  
  • ワイン検索
  •  
  •  
  • フランス
  • イタリア
  • ヨーロッパ
  • ニューワールド
コル ソラーレ

トスカーナの伝統とワシントンのテロワールが生み出す逸品

アメリカ/ワシントン

ワイナリーの歴史

キャンティ クラシコに根ざした長いワイン造りの歴史を持ちながら、次々と新しいワイン造りに挑戦してきたアンティノリ家の当主ピエロ アンティノリ氏が1992年、シャトー サン ミッシェルのコンサルタントを務めていたアンドレ チェリチェフ氏の招待で訪問。ワシントンのテロワールの可能性とシャトー サン ミッシェルの高級ワイン造りへの哲学に感銘を受け、パートナーシップを結ぶことを決め、1995年にコル ソラーレをリリースしました。当初はコールド クリークで収穫したブドウをシャトー サン ミッシェルの醸造所で醸造していましたが、2005年に良質なカベルネ ソーヴィニヨンを生み出すレッド マウンテンに畑を取得し、醸造所も開設。2007年に完成し、本格的なスタートを切りました。

栽培・醸造

約16haの自社畑を所有。名前の通り、醸造所を頂点とし、日光を思わせる放射線状に畑が広がっています。アンティノリの畑と同じく垣根仕立てでブドウを栽培。品種毎に適した風や日光の当たり方、傾斜や植樹率など綿密に計算されて区画分けされています。レッド マウンテンはワシントン州において最も温暖なアペラシオンで礫質、砂質の堆積土でカルシウム、アルカリを多く含む土壌です。日中の高い気温に比べ夜は気温が低く、驚くべきストラクチャーと力強さ、そしてエレガンスを兼ね備えたブドウが育ちます。ワインメーカーはダレル オーウィン氏。また、アンティノリのヘッドワインメーカーだったレンツォ・コタレッラ氏を招聘し技術の伝承を図っています。