村瀬美幸の本格チーズ教室

“Mozzarella di Bufala Campana” × CASTEL SALLEGG Pinot Grigio
“Brie de Meaux Fermier Rothschild” × RUPERT & ROTHSCHILD Baron Edmond

“Mozzarella di Bufala Campana”

Cream Cheese
【チーズの名前】
モッツァレッラ・ディ・ブーファラ・カンパーナ
【産地】
イタリア /カンパーニャ州
【タイプ】
パスタフィラータタイプ
【原料乳】
水牛乳製

【チーズの特徴】
モッツァレッラの名称は「ちぎる=mozzatura」に由来します。お湯の中で練って引き延ばした熱々の生地を引きちぎって造ることからモッツァレッラと呼ばれるようになりました。本場カンパーニャ州では水牛のミルクから造られます。最もポピュラーな大きさの250g。真っ白い生地のやや弾力のあるチーズを口に含むと水牛乳のミルクのコクとジューシーさがじゅわっと広がります。

モッツァレラとトマトの宝石サラダ グラス仕立て

クリームチーズと海老の春巻き

材料・作り方

モッツァレッラをやや大きめの角切りに切り、様々な種類のミニトマトとあえる。カラーピーマンを少しちりばめて、レモンフレーバーのオリーブオイルを加え、塩コショウし、バジルをのせて出来上がり。

味わいの特徴

トマトの酸味とフレッシュなモッツァレッラチーズのコクとがマッチします。今回はフルーツトマトを使用しており、酸味だけでなくフルーティで果実味のある甘みがジューシーなチーズとのベストマリアージュを演出します。小さなカップに入れてアペリティフにぴったりの一品。モッツァレラはバジルソースで和えてオードブルにもまたピッツァやデザートでも楽しめる味わいの広がりのあるチーズです。

ミッシェル ブリュット

あわせたワイン

ピノ グリージョ

ワイナリー:カステル ザレッグ

イタリア最北の州であるトレンティーノ アルト・アディジェに位置するカステル ザレッグ。ワイン造りの歴史と伝統を大切にしながらテロワールを反映した丁寧な味わいのワインを造り出しています。ピノ グリージョは、アプリコットやミラベルの香りと共に、ミネラルのニュアンスが心地よく、口に含むとライムのような果実味と共にきりっとした酸味が感じられるフレッシュな味わいです。

水牛乳のモッツァレラは、牛乳製よりも脂肪分がありコクがありミルキーな味わいです。今回合わせるピノ グリージョはグリ色の果皮をもつブドウでボディを感じる白ワイン。そこで厚みのあるもの同士のマリアージュを楽しんでいただきました。イタリアの産地は北と南で異なりますが、夏場にぴったりの組み合わせですね。また、水牛のモッツァレラは、細かく刻んだものではなく一つの大きさのほうが、よりジューシーで旨みがいっぱい詰まっています。

講座参加者のコメント♪
いろんなシチュエーションで楽しめるチーズ。ジューシーなモッツァレラの食感がたまらないです。白ワインなのにすっきり酸味だけでなく、深みを感じるピノ グリージョは、夏場のマリアージュにぴったり。

“Brie de Meaux Fermier Rothschild”

Comté
【チーズの名前】
ブリ・ド・モー・フェルミエ
【産地】
フランス / イル ド フランス地方
【タイプ】
白カビタイプ
【原料乳】
牛乳製

【チーズの特徴】
歴史上多くの逸話を持ち、フランスの誇りともいわれる白カビチーズの王者。その中でも農家製は、ロートシルト家が搾乳から製造、熟成まで一貫して行う、この「ブリ・ド・モー」ただひとつです。希少価値が高く、一線を画した味わいでひとくち含むだけで、乳質の高さを実感いただけます。

牛カルビとたまねぎの甘辛味噌焼き

コンテと生ハムのサラダパイ仕立て

材料・作り方

牛肉、たまねぎ、カラーピーマンを炒め、味噌、しょうゆ、酒、みりん、砂糖を加えて味を調えます。

味わいの特徴

牛カルビの脂身とお味噌のコクでワインのしっかりしたタンニンとの相性を楽しめます。
ブリ・ド・モーは上品で繊細な中に存在する力強さ、奥行きある味わいです。

ピノ ノワール

あわせたワイン

バロン エドモン

ワイナリー:ルパート&ロートシルト

南アフリカの「英雄」とも讃えられ、同国のワイン産業近代化の先駆者でもあるルパート家と、フランスでシャトー ペイル・ルバードを所有するロスチャイルド家の協力によって創設されたワイナリー。エドモン ド ロートシルト男爵の名を冠したフラッグシップワイン。自社畑及び契約畑の中で、そのヴィンテージで最も良くできた5〜6つの畑のブドウから造られます。

バロン エドモンのエレガントな香り、キメ細やかなタンニンとブリ・ド・モーの豊かな香りと奥行きのある味わいがベストマリアージュ。自分たちの造るワインに合わせて、農家製のチーズを作っている彼らの成せる素晴らしいマリアージュです。

講座参加者のコメント♪
チーズとワインのベストマリアージュ!中々お目にかかれない農家製のブリ・ド・モーの美味しさに驚きました。甘辛味噌の炒め物の和食風味に、南アフリカのワインがこんなに合うとは面白い発見です。