アンバサダーが導く「アンリオトリロジー」の世界

トップへ戻る

La Degustation de Bouchard Pere et Fils ブシャール ペール エ フィス 
2012 ヴィンテージ テイスティング

白ワイン

  • Bourgogne La Vignee Chardonnay 
ブルゴーニュ ラ ヴィニエ シャルドネ (メゾン)

    ブシャールのスタンダードワイン。ブドウは、コート ドール とコート シャロネーズのシャルドネを使用。ステンレスタンクにて発酵を行い、一部樽熟成を行います。醸造責任者は、このワインを造るのが一番難しいと常々口にしています。

    杏のような香り。第2アロマの香りがしっかり感じます。シャルドネはコッテリでクリーミーなイメージが多い中で、ラ ヴィニエはピュアなワイン。1本飲んでも飲み疲れません。キリリとしたタイプではなく、ほんわかしたふっくらした味わいで酸味が強くないので、クリームを使ったものとの組み合わせはしやすいと思います。多くの畑を所有しているブシャールだからこそできる味わい。

  • ボトルイメージ

  • Beaune de Chateau  Premier Cru Blanc 2012
ボーヌ デュ シャトー プルミエ クリュ 白 2012(ドメーヌ)

    ブシャ−ルの自社畑約4つのプルミエ クリュの小区画(レ ザリゴ、テュビラン、シィジエ−ル、ス−レ グレ−ヴ)のブドウをブレンドしたボ−ヌでは珍しい白ワイン。香り豊かで飲みごたえのあるピュアなスタイル。

    2010年と比べると青っぽい色調があり、ワインに若々しさを感じます。
    白桃や桃など真ん中に種のあるストーンフルーツ、杏仁豆腐の香りの中に少し樽の香りも感じます。複雑味、酸味は穏やかでしっかりした果実味を感じます。わりと舌を包み込んでくるようなしっかりした果実味があり、冷やしすぎず、12-3度で楽しんでほしいです。

  • Beaune de Chateau  Premier Cru Blanc 2010 ボーヌ デュ シャトー プルミエ クリュ 白 2010(ドメーヌ)

    ブシャ−ルの自社畑約4つのプルミエ クリュの小区画(レ ザリゴ、テュビラン、シィジエ−ル、ス−レ グレ−ヴ)のブドウをブレンドしたボ−ヌでは珍しい白ワイン。香り豊かで飲みごたえのあるピュアなスタイル。

    蒸れたようなおいた香り(日本酒だとネガティヴ表現ですが)ワインの場合は、酸化熟成香といって、熟成すると出てくる香りです。トロピカルフルーツを思わせる熟した香りで、スパイス、ミネラルの印象を感じます。苦味やタンニンがありボディを感じる味わいは、お肉料理やゴマだれなどを使ったお料理にも合わせやすいと思います。今飲むのにお薦めです。

  • ボーヌ デュ シャトーとボーヌの畑

    ボーヌ デュ シャトーとボーヌの畑

  • ボーヌ地図

    ボーヌ地図
    地図をクリックすると拡大画像をご覧いただけます(PDF:503KB)

  • Meursault Les Clous ムルソー レ クル(ドメーヌ)

    8.66ha / AOCヴィラージュの畑で、ムルソーの村を一望できる丘の最上部に位置する石ころだらけの涼しい区画。山に近く昼夜の寒暖さがあり、吹き付ける風が強く、ブドウはゆっくりと生育します。

    樽のような、ヴァニラを思わせる香り、スパイス、果物に由来する香りがあります。ミネラルのような印象も感じられます。酸がしっかり、輪郭がはっきりしていて味わいが明確です。酸味を残した綺麗な味わいが楽しめます。
    グラスを少し大きいものに変えると、スパイスを思わせる香りが強くなります。後味に残る樽のコッテリとした印象がなく、研ぎ澄まされたムルソー。『コッテリ』でもなく『サッパリ』でもない中間的な味わいで、だれでも楽しめるムルソーになっています。レストランではどのタイミングでもサービスできる安心感がある味わいです。

  • ※メゾン:買付けブドウ混在のネゴシアンワイン
(畑仕事や収穫などブシャールの栽培チームが一緒に行っています)
※ドメーヌ:自社畑のブドウを使用したドメーヌワイン
ブシャール ペール エ フィスは、すべて小型のプラスチックケースによる手収穫を行っています。丁寧な選果、区画ごとの仕込み、畑の収量に合った多数の発酵槽など自然の重力を利用したシステムを用いた醸造所にて決め細やかなワイン造りを行っています。

  • ムルソー レ クル畑

    ムルソー レ クル畑

  • ムルソー地図

    ムルソー地図
    地図をクリックすると拡大画像をご覧いただけます(PDF:383KB)

赤ワインへ

白ワインへ

> ブシャール ペール エ フィス ヴィンテージ テイスティング トップへ

PAGE TOP