アンバサダーが導く「アンリオトリロジー」の世界

トップへ戻る

Le degustation de William Fevre 2011ウィリアムフェーブル2012ティスティング

Village ヴィラージュ

  • Chablis Maison シャブリ (メゾン)

    ほのかな柑橘系の香りと果実味、程よいキレとバランスの良い味わい。キレのある酸味が直線的でこれぞシャブリのスタンダードと言える『王道中の王道シャブリ』飲み手を裏切りません。

  • Chablis Champs Royaux シャブリ シャン ロワイヨ (メゾン)

    柑橘系の香りがほのかに感じながらもリンゴのような木なりフルーツの香りが主体。酸味と果実味とのバランスが取れていて、後味にはコクが感じられ、爽やかな酸味が程よいキレを与えてくれます。

  • Chablis Domaine シャブリ (ドメーヌ)

    ビオロジック

    果物の凝縮感とクミンシード的なスパイシーさを兼ね備えた香り。
    石灰質土壌特有のモカフレーバーが現れ始めています。豊かな酸味と重厚な味わいを持ち風格があります。シャブリの本領が発揮されるまで今しばらくかかりそうです。

  • ヴィラージュ イメージ
  • メゾン:買付けぶどう混在のネゴシアンワイン ドメーヌ:自社畑のぶどうを使用したドメーヌワイン
ビオロジック:有機農法。化学肥料や農薬を使用しない。ウィリアム フェーブルでは、メゾンも含め、高品質を保つためにすべて手積みで収穫されたぶどうを使用。自ら仕込みをおこなっています。
  • ヴィラージュ イメージ

ヴィラージュへ

プルミエ クリュへ

グラン クリュへ

フェーブルティスティング トップへ

PAGE TOP