ヴィラージュ

共通してグリーンがかった淡いイエローの色合い。3つもともシャープな酸の印象は似ていますが、 Cの(シャブリ ドメーヌ)は酸味が他に比べて まろやかで柔らかい印象。 ここで区別しておきたいのは「A/C」それから「B」。 「A/C」はきれいな酸を楽しみたいときにおすすめ! 「B」のシャン ロワイヨは少し樽熟成が多いため、ふくらみのある味わいで丸みのある果実味を感じます。ワインバーなどでワイン単体でも楽しめますね。

A シャブリ(メゾン)

B シャブリ シャン ロワイヨ(メゾン)

C シャブリ(ドメーヌ)

ビオロジック

共通してグリーンがかった淡いイエローの色合い。3つともシャープな酸の印象は似ていますが、Cの(シャブリ ドメーヌ)は酸味が他に比べてまろやかで柔らかい印象。

ここで区別しておきたいのは「A/C」それから「B」。

「A/C」はきれいな酸を楽しみたいときにおすすめ!

「B」のシャン ロワイヨは少し樽熟成が多いため、ふくらみのある味わいで丸みのある果実味を感じます。

ワインバーなどでワイン単体でも楽しめますね。

【番外編】Extra edition サンブリ

ウィリアム フェーブルが造るサンブリのソーヴィニヨン ブラン

ソーヴィニヨン ブランらしいハーブの香りが強くなく、シトラスフルーツのシャープな印象。ミネラル感のある雰囲気です。口当たりまろやかなタッチ、酸味、果実味のバランスが良く、軽快な味わいで楽しめます。山菜の天ぷらによく合いそうですね。

以前、滋賀県でいただいたコシアブラという山菜の天ぷらを想像しました。春の時期しかとれない山菜で絶対マッチすると思います。山菜の青っぽいニュアンスとソーヴィニヨン ブランのニュアンスの相性が良いのでぜひ試してみてください。

〜新わかめを使ったお料理〜

ミネラル感があるもの通しで、わかめとシャブリは合いますね。春先ですと新わかめをしゃぶしゃぶしてポン酢で食べるだけでも良いと思いますし、筍と一緒にあえたものなどでもOK。他にはミネラルつながりで新鮮な魚があれば昆布締めにするとより相性が良くなります。簡単に使える食材を探して家庭料理でもシャブリと一緒に楽しんでほしいです。

画像

WILLIAM FEVER 2013 TOPへ >

WILLIAM FEVER 2012 >