NEW World Wine Cup 2019

今年のプロモーションは終了しました。
たくさんのニューワールドワインを楽しんでいただき、ありがとうございました!

ファインズで扱うニューワールドワイン「アメリカ、アルゼンチン、チリ、オーストラリア、
ニュージーランド、南アフリカ」の計6カ国、31ブランドを対象としたプロモーションを実施中。
31ブランド、それぞれのテロワール、品種の個性を表現する各生産者をご紹介します。

■プロモーション概要■
期間:2019年4月1日〜6月30日
対象:業務店様 180店(4/1現在)
地域 ブランド名 ブランド詳細
アメリカ
United States of America
ワシントン シャトー サン
ミッシェル
1934年設立のワシントンワインのパイオニア。
サン ミッシェル ワインエステーツの中核を成すワイナリー。
ドメーヌ サン
ミッシェル
シャトー サン ミッシェルのスパークリングワインブランド。
シャンパーニュのスタイルを目指した瓶内二次発酵のプレミアムスパークリングワインを生産。
スティムソン エステート
セラーズ
シャトー サン ミッシェルのエントリーシリーズ。
ワシントンの農業開拓の父 スティムソン卿へのオマージュ。 (カベルネソーヴィニヨンのみカリフォルニア)
エロイカ ドイツのリースリングの名手DR.ローゼンとのコラボレーション。
ニューワールドのワシントンと、伝統国ドイツモーゼルのリースリングの共演。
コル ソラーレ イタリア、アンティノリとのコラボレーション。
カベルネの名産地レッドマウンテンで最上のカベルネを目指すワイナリー。
テネット ミッシェル ガシエ、フィリップ カンビーとのコラボレーション。
ローヌ品種とワシントン州の土地の個性を最大限表現した、エレガントながらパワーのあるワイン。
ドラムヘラー 氷河期の終わりごろにワシントン州東部で幾度も発生した洪水により作られた渓谷の名がついたワイン。
その名の通り、力強さとエレガントさが感じられるスタイル。
アニュー サン ミッシェルが手掛けるロゼ。
爽やかな酸味とイチゴのような風味があり、いきいきとしたワイン。
オレゴン イーラス オレゴンワイン近代化の先駆者、ディック イーラスが始めたワイナリー。
サン ミッシェルの傘下に入り、更なる品質向上を目指します。
ボー フレール 1986年、マイケル エッツェルと義兄ロバート パーカーが設立。2017年にアンリオファミリーが買収し品質に磨きをかけています。
カリフォルニア スタッグス リープ
ワイン セラーズ
1976年の「パリスの審判」の主役にして、伝統に磨きをかけるカリフォルニアを代表する名門。
パッツ&ホール 2016年よりサン ミッシェルの傘下に。
ナパ&ソノマの偉大な銘壌畑を表現するピノノワール&シャルドネの使徒。
モットー リッチで濃い「カリフォルニアらしさ」を追求した果実味のインパクトのある「ダークな」スタイルのブランド。
ボンテッラ 美味しい“ビオワイン”をリーズナブルに、をモットーにしたカリフォルニアのオーガニックワインのパイオニア。
クィンテッサ ナパの中心ラザフォードで、多様なミクロクリマと土壌の力を表現するビオディナミワイナリー。
ハイド ド ヴィレーヌ ドメーヌ ド ラ ロマネ コンティの共同経営者オベール ド ヴィレーヌとラリー ハイドのコラボレーション。
ブルゴーニュのスタイルと、ナパ ヴァレーのテロワールの融合を実現。
バイロン 区画管理、収量制限等の努力により、ノース コーストと並び称される高品質ピノ ノワールとシャルドネを造るワイナリー。
シルクウッド 米国内のワイン展覧会の受賞常連であると共に、ホワイトハウスからの注文も数多く受けている名手。
オーストラリア
Australia
ヴィクトリア レッドバンク 150年以上オーストラリアのワイン業界に携わる名門、ヒル スミス家が所有するフレッシュ&フルーティなスタイル。
サウス
オーストラリア
ジョン デュヴァル
ワインズ
伝説の男ジョン デュヴァルが、樹齢100年を超える古樹から産み出すバロッサヴァレーの至宝。
ピュージー ヴェイル 1847年に持ちこまれたリースリングのブドウの子孫で造る、イーデンヴァレーリースリングの先駆者的ブランド。
タスマニア ダルリンプル ブルゴーニュで経験を積んだ「ヴィニュロン」が冷涼な地域で造るブルゴーニュタイプのピノノワール&シャルドネ。
ジャンツ タスマニアで初めて瓶内二次発酵を導入。タスマニアのプレミアムスパークリングの代名詞的存在。
ニュージーランド
New Zealand
マールボロ ノーティラス 家族経営を貫く、ソーヴィニヨン ブランの聖地「マールボロ」のワイン造りの先駆者。
マタカナ プロヴィダンス ブドウ造りから醸造、熟成まで一貫して自然に任せながら、世界の偉大なワインに肩を並べる生産者。
アルゼンチン
Argentina
メンドーサ カテナ 世界のトップワインとして必ず挙げられるほどの造り手、アルゼンチンマルベックの開拓者。
標高の高い畑から産み出されるまろやかなタンニンが魅力。
ボデガス
エスメラルダ
カテナ家が経営する、エントリーワイン「ティリア」を産み出すワイナリー。
カロ アルゼンチンを代表するカテナ社と、シャトー ラフィットを擁するDBR(ドメーヌ バロン ド ロートシルト)のジョイントベンチャー。
チリ
chile
セントラルヴァレー ラポストール 妥協しない、ありのままの味わいを表現する、フランスの伝統とチリのテロワールの融合。
ロス ヴァスコス ラフィットグループの「チリでファインワインをつくる」という開拓の志のもと造られる、チリワインならではの果実味にラフィットエレガンスを兼ね備えたワイン。
南アフリカ
South Africa
ウェスタンケープ ルパート&ロートシルト 南アフリカの名門ルパート家とフランスの名門エドモンド ロートシルト家の結晶。