ファインズ ブログ

ファインズ トップファインズ ブログ > シャブリ ウィリアム フェーブル IWC 2019受賞 & 2017ヴィンテージ情報

2019年5月31日(金)

シャブリ ウィリアム フェーブル IWC 2019受賞 & 2017ヴィンテージ情報

掲載&受賞

シャブリを代表する生産者ウィリアム フェーブルの2017ヴィンテージがIWC(インターナショナルワインチャレンジ)2019にて高評価を獲得しました!

()内は獲得ポイント
■ゴールド:グラン クリュ レ クロ(95)、
プルミエクリュ モン ド ミリュ(95)、モンマン(95)、ヴォロラン(95)
■シルバー:グラン クリュ ブーグロ コート ブーグロ(93)、ブーグロ(93)、ヴォデジール(90)、レ プルーズ(90)
      プルミエクリュ モンテ ド トネール(92)、レ リス(90)
■ブロンズ:プルミエクリュ ボーロワ、ヴァイヨン
■Commended*:シャブリ ドメーヌ
*メダルには至らなかったものの、一定の水準を満たし. IWC審査員が推奨する銘柄であること

醸造責任者のディディエ セギエは、2017ヴィンテージを「とても難しい年だが、高品質な出来」と評価しています。
コートドールの収量は良い年でしたが、シャブリは芽吹きの時の霜が10日連続(2001以来の記録)という影響がありました。
そのためグランクリュ、プルミエクリュともに2016を下回る収量となりました。
2014年に近いクラシカルなキャラクターで、酸が豊富で長熟向きのヴィンテージ。ミネラルを思わせる風味が豊かです。

醸造責任者 ディディエ セギエ                

東アジア輸出担当の西山雅巳氏のコメントもご紹介。
3月の大雨、4月の寒波、5月の干ばつ、不安定な夏といった、楽観のできる天候ではなかった1年ではあったものの、9月の乾燥した気候によって 優れたブドウが収穫されました。区画によっては大きく量が減ったという事はありますが、早熟の年としては極めてピュアで洗練されたいつものシャブリが生産できたといえます。
グラン クリュは特に生産量が限られているので、若いうちに楽しむ1本と、セラ-にとっておく1本の両方を購入することをおすすめしたいヴィンテージです。

天候などヴィンテージの詳細、受賞商品一覧は以下ご参照ください。

東アジア輸出担当の西山雅巳