ワイナリー・ワイン検索

  •  
  • ワイナリー・ワイン検索
  •  
  • ワイナリー情報
  •  
  • ワイン検索
  •  
  •  
  • フランス
  • イタリア
  • ヨーロッパ
  • ニューワールド
カテナ

マルベックの可能性と高標高栽培を研究し、世界的ワインへ

アルゼンチン/メンドーサ

ワイナリーの歴史

カテナの歴史は1902年にニコラ カテナ氏がイタリアよりアルゼンチンに渡り、メンドーサでブドウ畑を開墾したことから始まります。当初は国内消費者向けにワインを造り、アルゼンチン最大級のワイナリーまで成長しましたが、三代目にあたる現当主ニコラス カテナ氏が1980年代に高級カリフォルニアワインの世界での成功・発展に刺激を受け、当時の醸造責任者ホセ ガランテ氏と共に「世界に認められる最高のワインをアルゼンチンで造る」ことを目指し、高級ワイン造りに取り掛かりました。
2001年にフラッグシップである「ニコラス カテナ サパータ」を発売。世界各地で行われたブラインドテイスティングで1位、2位に入る快挙を果たし、世界にカテナのワインが知られるようになりました。
また、その功績が讃えられ、ニコラス カテナ氏は2009年に英Decanter誌の「マン オブ ザ イヤー」に南米の造り手としては初めて選ばれました。
現在は、娘のラウラ カテナ氏が中心となり、テロワールやマルベックの研究を行い、ブドウ栽培の品質向上に努めています。

栽培

アンデス山脈の麓、標高850〜1,500mに6つの自社畑を所有しています。同一品種を標高の異なる畑で栽培し、様々なタイプのブドウを生産しています。
山岳地帯の高地にある痩せた沖積土で、冷涼な気候です。そのため、自然と収量は減り、ブドウはゆっくりと徐々に成熟するため、凝縮感の高いブドウが収穫できます。また、冷涼な気候下では光合成が途切れることなく進行するため、ポリフェノールがより多く蓄積されます。

醸造

2001年に、ラ ピラミデ畑の中に、最新の設備を備えたワイナリーを建設。カテナ氏は"革新性""先進性"の象徴として、アメリカ大陸の文明の中で最も優れた文明を持っていたとされるマヤのピラミッドを模したデザインを取り入れました。
手摘み収穫されたブドウはこの中の選果台にて選り分けられ、グラヴィティシステムを採用した設備にて醸造が行われます。カテナでは同じ品種を異なる畑に植え、それぞれ別々に醸造し、アッサンブラージュしてワインを造り上げます。

情報アンバサダー 南米渡航記録 マルベック復活劇

 
参考価格リスト

アラモスシリーズ
1993年にカテナシリーズのセカンドワインとしてリリース。ブドウはカテナ所有の比較的若い畑を中心に、残りはアラセスの栽培責任者によって管理された買いブドウを使用。収量を制限し、手摘みで収穫した果実から造られるワインです。

  • Alamos Extra Brut
    【 アラモス エクストラ ブリュット 】
  • 地域 : メンドーサ
  • 品種 : シャルドネ、ピノ ノワール
  • シャルドネとピノ ノワールを使用。シャルドネがもたらす凝縮感のあるアロマと余韻、ピノ ノワールのバランスの取れた酸味と骨格、複雑味が反映されたスパークリングワインです。
  • Alamos Chardonnay
    【 アラモス シャルドネ 】
  • 地域 : メンドーサ
  • 品種 : シャルドネ
  • 70%を28日間14℃でマロラクティック発酵させます。フレンチオークとアメリカンオーク樽で6〜9ヶ月間熟成。トロピカルフルーツや桃を思わせるフレーバーとアロマがあり、バランスの取れた心地よい酸味が魅力です。
  • Alamos Malbec
    【 アラモス マルベック 】
  • 地域 : メンドーサ
  • 品種 : マルベック
  • フレンチオークとアメリカンオーク樽にて6〜9ヶ月間熟成させます。ブラックチェリーや花の香りがあり、口当たりはリッチで煮詰めたカシスやラズベリー、チョコレートなどのニュアンスがあります。

カテナシリーズ
カテナが所有する5つの畑から、異なる標高や土壌が織り成すテロワールを表現する区画を選定し、さらに収量を制限して凝縮感のあるブドウを収穫します。

  • Catena Chardonnay
    【 カテナ シャルドネ 】
  • 地域 : メンドーサ
  • 品種 : シャルドネ
  • 80%フレンチオーク樽(新樽比率30%)、20%をアメリカンオークの新樽にて14ヶ月熟成させます。柑橘系フルーツや洋梨、トロピカルフルーツなどのフレーバーがあり、豊かな口当たりと爽やかな酸味を持ちます。
  • Catena Malbec
    【 カテナ マルベック 】
  • 地域 : メンドーサ
  • 品種 : マルベック
  • 70%フレンチオーク樽(新樽比率35%)、30%アメリカンオーク樽にて14ヶ月熟成させます。熟した黒い果実、花、モカ、スパイス、タバコなどのニュアンスがあり、豊かな酸味とミネラル、果実味のバランスが取れたワインです。

カテナ アルタシリーズ
長年ミクロクリマの研究を行ってきたカテナが、畑の中でも特に優れていると思われる列のブドウを選びます。さらに発酵、熟成の途中で厳密な選定を行い、限られた数量のみをアルタシリーズとして出荷します。

  • Catena Alta Chardonnay
    【 カテナ アルタ シャルドネ 】
  • 地域 : メンドーサ
  • 品種 : シャルドネ
  • 自然酵母を用い、100%フレンチオーク樽(新樽比率50%)で発酵させ、シュール リーで12〜16ヶ月熟成させます。熟成した白桃や柑橘系果実を思わせるフレーバーとしっかりしたミネラルのニュアンス。素晴らしいバランスを備えたワインです。
  • Catena Alta Malbec
    【 カテナ アルタ マルベック 】
  • 地域 : メンドーサ
  • 品種 : マルベック
  • フレンチオーク樽(新樽比率70%)で18ヶ月間熟成。プラムやカシスのフレーバーと黒コショウのノート。フルボディですが、口当たりはソフトで甘みのあるタンニンが感じられます。

アドリアンナ ヴィンヤード
カテナの自社畑の中でももっとも高い標高1,500mに位置するアドリアンナ ヴィンヤード。高標高のブドウ栽培がもたらす日照の強さによるブドウの成熟、昼夜の寒暖差による自然な酸味が特徴の、高品質のワインを生み出す、まさにアルゼンチンの「グラン クリュ」。この畑ではミクロクリマの研究を行っており、同じ畑でも区画によって土壌や、土壌に含まれる微生物の違いを発見し、区画ごとのワインを造っています。

  • Catena Zapata White Stones Chardonnay
    【 カテナ サパータ アドリアンナ ヴィンヤード ホワイト ストーンズ シャルドネ 】
  • 地域 : メンドーサ
  • 品種 : シャルドネ
  • 「ホワイト ストーンズ」と呼ばれる太古の川床に由来する白くて丸い小石に覆われた27の列から収穫されるシャルドネを使用。長いハングタイムと、独特の土壌から育まれたデリケートな花や白い果実のアロマと、ピュアなイメージを感じさせるミネラル感が楽しめます。
  • Catena Zapata White Bones Chardonnay
    【 カテナ サパータ アドリアンナ ヴィンヤード ホワイト ボーンズ シャルドネ 】
  • 地域 : メンドーサ
  • 品種 : シャルドネ
  • 「ホワイト ボーンズ」と呼ばれ区画に限ってブドウを収穫。かつて海の底だった時代由来石灰質の堆積物や石灰岩、化石化した動物の骨が土壌を構成しています。高標高ゆえの冷涼な気候と、土壌から来るミネラル感が特長です。若いうちにも楽しめますが、何十年もの長熟で違った表情を見せる白ワインです。
  • Catena Zapata Adrianna Vineyard Fortuna Terrae Malbec
              【 カテナ サパータ アドリアンナ ヴィンヤード フォルトゥーナ テラエ マルベック 】
  • 地域 : メンドーサ
  • 品種 : マルベック
  • アドリアンナ畑の5haの区画からのブドウを使用。砂の層が1mほどあり、養分が豊富で他の区画の土壌に比べストレスが少ないため、Good Luckの意味のFortuna Terraeと名づけられました。225L、500L のフレンチオークにて発酵、熟成(24 ヶ月)を行います。深い土壌と高標高によってもたらされるフレッシュさ、酸味と繊細な香りが魅力的です。
  • Catena Zapata Adrianna Vineyard Mundus Bacillus Terrae Malbec
             【 カテナ サパータ アドリアンナ ヴィンヤード ムンデュス バシユス テラエ マルベック 】
  • 地域 : メンドーサ
  • 品種 : マルベック
  • “南米のグランクリュ”アドリアンナ畑の土壌研究の集大成。アドリアンナ畑の1.4haの区画からのマルベックを使用。カルシウムに富んだ土壌で、そこに生息する微生物がブドウの根に働きかけ、様々なストレスへの抵抗と土壌の栄養分の吸収を助けています。225L、500Lのフレンチオークにて発酵、熟成(24ヶ月)を行います。豊かな酸味を備えた、引き締まった味わいで石灰岩由来のミネラル感、そして豊富なタンニンのある、長期熟成のポテンシャルを秘めたワインです。

カテナ サパータ

  • Catena Zapata Nicasia Vineyard Malbec
    【 カテナ サパータ ニカシア ヴィンヤード マルベック 】
  • 地域 : メンドーサ
  • 品種 : マルベック
  • カテナが所有する標高1,180mに位置するニカシア畑のマルベックのみを使用。濃い赤味を帯びたバイオレットカラーで熟した黒い果実に加えて甘いスパイスとタイムのアロマが感じられ、ニカシア畑のマルベックの特徴がよく表現されています。非常に複雑で表情豊かなパレットを持ち、魅力的なスミレのフレーバーと黒いベリー、リコリス、ビターチョコレートに加えてスパイスの風味が感じられます。
  • Catena Zapata Malbec Argentino
    【 カテナ サパータ マルベック アルヘンティーノ 】
  • 地域 : メンドーサ
  • 品種 : マルベック
  • カテナ家の、長年におけるマルベック探求の集大成と言えるワイン。所有畑のうち、優良なマルベックが育つアドリアンナ畑とアルタミラ畑の中でも更に最良の区画を定義づけ、そこで収穫されるブドウのみを使用。印象的な黒いラズベリー香りに、官能的なオークのニュアンス。フルボディで、確固とした酸味、豊かに口中に広がり、ビッグで甘やかなタンニンと、長く続くミネラルやなめし皮、ビターチョコレートのヒントを持つ余韻が魅力です。
  • Nicolas Catena Zapata
    【 ニコラス カテナ サパータ 】
  • 地域 : メンドーサ
  • 品種 : カベルネ ソーヴィニヨン、マルベック
  • カテナのフラッグシップワイン。畑の中の最良の区画から厳選したカベルネ ソーヴィニヨンを主体にマルベックをブレンド。畑毎に分けて発酵が行われ、アッサンブラージュ後、100%フレンチオークの新樽で24ヶ月熟成させます。ブラックチェリーやチョコレート、リコリス、ハーブ、コショウなどのアロマがあり、肉付きが良く、深みがありエレガントで、長い余韻を持ちます。