ファインズ ブログ

ファインズ トップファインズ ブログ > "Sushi & Wine Pairing Dinner"レポート 【後編】

2018年4月24日(火)

"Sushi & Wine Pairing Dinner"レポート 【後編】

ファインズニュース

2018年3月13日、ブルゴーニュのグラン ジュールの会期に合わせ、フランス、ボーヌに本拠地を置くブシャール ペール エ フィス(以下、ブシャール)の迎賓館にて、銀座の鮨の名店「鮨からく」店主の戸川基成氏を日本から招聘し、「Sushi & Wine Pairing Dinner」を開催しました! イベント開催にあたり戸川氏はもちろん、弟弟子である高尾ご夫妻、ブシャールのスタッフの皆さんのご協力があり実現いたしました。ありがとうございました。イベント当日に振舞われたオードブルやお鮨は、長年ワインとのペアリングを研究し実践してきた戸川氏ならではのマリアージュ。 後編は、本格的なお鮨とワインのマリアージュのイベントの様子をご紹介します!

左から)ド ラルズィエール氏(アンリオ社 社長)、戸川氏(鮨からく 店主)、高尾氏(田可尾 店主)、ソミエ氏

アペリティフで、アンリオ社 社長であるジル ド ラルズィエール氏からお鮨とワインとのペアリングイベントをガイドする巨匠たちが紹介されました。

「今回、フランスと日本という、美食大国の伝統を極めた鮨とワインのペアリングを、皆様に知ってほしくて開催しました。東京・銀座の鮨の名店、からくの主人の戸川さんを招聘し、この会が実現しました。そもそも、フランスと日本の文化的つながりは古く、明治天皇が、フランス文化とフランスワインを日本に知らしめてくれています。本日は、現代における日本とフランス、ファインズとアンリオのパートナーシップにおける集大成となります。」

一人目はフランスの三ツ星レストラン、ジョルジュ ブランのソムリエであるファブリス ソミエ氏。フランスの最優秀職人の称号を持ち、マスターソムリエの1人である人物。そしてブシャールの醸造責任者、フレデリック ヴェベール氏。3人目はもちろん戸川氏。この3名に今回のマリアージュをご紹介するときに解説してもらいました。


イベントの本会場では、ゲストの皆さんの前で戸川氏が実際にお鮨を握って、5つのマリアージュを楽しんでいただきました。

※マリアージュの詳細は、追ってファインズホームページでご紹介します!

 

20180424_6_1.jpg

<戸川 基成氏>

「銀座 鮨からく」 店主

 

平成元年、本格江戸前鮨「からく」を創業。

ワインと江戸前鮨のペアリングを楽しむ魅力を伝える第一人者。

シャンパーニュHENRIOT ブランドサポーター。シャンパーニュ騎士団シュヴァリエ。世界50ヶ国以上でグローバルに展開している英国ワイン&スピリッツ協会(WSET)認定資格を持つソムリエでもある。

 

 

2014年ランスのシャンパーニュアンリオにて初の海外イベント実施。新規顧客にも新しい発見を提供しつつ、常連客や海外からの観光客からも高い満足を得る話題店に。現在、8種のペアリングが楽しめるワインコースメニューを展開中。

 

 

20180424_6_2.jpg

<ブシャール ペール エ フィス>

ブシャールの創業は1731年。1775年にヴォルネーのカイユレ畑、タイユピエ畑などを取得し、ワイン業を開始しました。1820年アントワーヌ氏はルイ11世と12世が築いたシャトー ド ボーヌ城を購入、地下を熟成庫とし、現在も使用しています。

https://www.fwines.co.jp/lineup/winery/fr_bourgogne13/